髪の毛の状態を現状維持をする上でも大切な15の事

髪の毛の状態を現状維持する15の方法

髪の毛を現状維持するには

 

家族や親類に薄毛の人がいて、自分も将来不安だなどといった人は、今ある髪の毛の現状維持を非常に願うものです。

 

しかし、人は老化や遺伝、日頃の生活習慣の乱れによって体調も日々変化するものです。その変化の中に髪の毛に影響してしまう要素は必ず含まれるものです。

 

つまり、髪の毛の現状維持をするのは極めて難しいということが言えるでしょう。
しかし、それは日頃のケア次第でも変わってきます。そのケアとはどういったものかを説明していきます。

 

髪の毛の現状維持を阻害するものとは

 

髪の毛の現状を阻害してしまうものとは主に次のようなものがあります。

 

日頃の頭皮ケア

 

毎日使うシャンプー剤の影響が薄毛の可能性を高くしてしまいます。
シャンプー剤には、界面活性剤が含まれており、特に市販で数百円で売られているシャンプーには石油系の界面活性剤が使われています。

 

裏の成分表をみるとわかると思うのですが、ラウレス硫酸Naというのが界面活性剤の名前です。この界面活性剤は長年使うことで、頭皮の真皮にまで洗浄成分が浸透してしまい、髪の毛の毛包やその周りにある皮脂腺や幹線などから必要な栄養成分や皮脂成分などを流出させてしまうのです。

 

このことが原因で髪の毛の栄養が不足してしまい、薄毛の原因となってしまうのです。シャンプー剤にはもう一つ悪い影響があります。それが防腐剤。

 

この防腐剤のおかげでシャンプーはとても長持ちすると思いませんか?何年経っても腐らずにいるのは強力な防腐剤のおかげなのです。

 

しかし、その防腐剤は人の体特に頭皮に悪影響です。シャンプー剤に含まれる防腐剤の名前はパラベン。そのバラベンは頭皮の常在菌を排除してしまう恐れがあるのです。

 

その中でも、常在菌のうち真菌であるマラセチアだけは、このパラベンに耐性があり、頭皮にはマラセチアだけ残ってしまいます。

 

このマラセチアは、頭皮の毛根近くで頭皮を傷つけることで、頭皮代謝を促進する常在菌のひとつなのですが、他の常在菌と一緒にいることでそのバランスを保っていたのです。

 

マラセチアのみになった頭皮は、新陳代謝よりも刺激が強くなりすぎて皮膚炎や脱毛症の原因となりとても髪の毛の現状維持は難しくなってしまいます。

 

スタイリング

 

スタイリング剤にも石油系の化学添加物が使われています。特にワックスというのは、ワックスに含まれる石油系油分やシリコン油、鉱物油などは非常に粘着性があり、ちょっとやそっとのシャンプーでは落ちにくいのです。

 

シャンプーで完全に落とせなかったそれら成分は、汗などと一緒に溶け出して頭皮に付着し毛穴などから侵入していきます。

 

毛穴に侵入してしまうと、毛根が刺激によってダメージし髪の毛が痩せてしまい、最終的に抜けてしまう恐れがあります。

 

物理的ダメージ

 

物理的ダメージというとドライヤーやブラシもそうですが、以外に帽子などの被り物によるダメージのほうが大きいのです。

 

ドライヤーやブラシによるダメージは熱によるダメージや摩擦によるダメージで髪の毛自体に影響しますが、帽子やヘルメットなどはずっとかぶり続けるため、頭皮の蒸れの原因となり頭皮環境を悪化させてしまいます。

 

また、かぶることで毛穴に圧がかかり、髪の毛の生えている方向を無理やり他の方向に強制させてしまいます。特に日頃から帽子やヘルメットをかぶる方は、数年もすると髪の毛が薄くなる可能性があるので注意が必要です。

 

髪の毛の現状維持を阻害する原因と対策

 

上記にある以外にも、体の変化によって発症する薄毛の原因と対策をまとめてみました。

 

年齢

 

人は年をとると体のいたるところで変化があります。肌はたるみ、シワができ、というようなことは髪の毛にも起き得ることなのです。頭皮の代謝が鈍化することで、髪の毛の成長が遅くなったり、加齢によるホルモンバランスの影響によって男性型脱毛症や女性だとびまん性脱毛症を発症してしまうおそれがあります。

 

また、歳をとることで基礎代謝も減りますから、血行もわるくなり髪の毛に影響してしまいます。

 

生活習慣や運動などによって年齢による老化は防げます。特にお肌である頭皮も基礎代謝が上がることで20代のように活性されます。

 

生活習慣

 

食生活や睡眠など日頃の生活習慣特に悪い生活習慣を送っていると髪の毛にも影響します。むしろ髪の毛から影響を受け、次第に体に影響が移行していくと思っても良いでしょう。生活習慣病という言葉があるように生活習慣というのは、それだけ体にも髪の毛にも影響することなのです。

 

規則正しい生活習慣を心がけるようにし、定期的に人間ドックに通うのも良いでしょう。

 

運動

 

運動不足は、基礎代謝を低下させてしまいます。髪の毛も代謝を繰り返すことで成長するものなので、基礎代謝が低下してしまうと、髪の毛の細胞分裂による代謝も低下してしまい、今までのような髪の毛を維持することが難しくなってしまいます。

 

軽い運動から始めて、徐々に慣らしながら運動の強度を上げていくと長続きします。おすすめは有酸素運動であるウォーキングやジョギング、水泳などです。

 

ストレス

 

ストレスは、ホルモンバランスに大きく影響します。ストレスを溜めてしまうと自律神経が損壊したり、ホルモンの分泌量が多すぎたり少なすぎたりという現象が起きてしまいます。

 

ホルモンは体の細胞を動かすための成分ですから、ホルモンの分泌量が少ないことで髪の毛の成長を低下させたり、また、ホルモンの分泌量が過剰になることで頭皮の非成長因子の活動を活発にしてしまう恐れがあります。

 

それを防ぐためには、ストレスを定期的に発散し、正常なホルモンの分泌量を保つ必要があるのです。

 

タバコやお酒

 

タバコ

 

タバコは、血管を萎縮させ血行を悪くしてしまいます。タバコを吸う年数や本数が多いことで、血行が悪くなり薄毛の原因となります。髪の毛は血液から栄養や酸素を供給し成長するためその影響は大きいと言えるでしょう。

 

禁煙をしたほうが良いでしょう。

 

お酒

 

お酒は適度にたしなむ程度でしたら問題ありません。むしろ酒は百薬の長と言われるように適度のアルコールは体に良いのです。

 

しかし、飲み過ぎると肝臓に負担がかかります。肝臓に負担がかかることで血液の毒素を排除できず、悪い血液が頭皮に影響を与え、薄毛の原因となってしまいます。
お酒は適度に飲む程度にします。

 

髪の毛を現状維持するために必要な育毛剤とその成分とは

 

髪の毛の現状を維持するためには、育毛剤も必要でしょう。なぜならば上記に書いていることを確実にこなす人は稀だからです。ですから、今の状態を維持したいのであれば育毛剤を使ったほうがてっとり早いです。

 

血管拡張成分

 

血管拡張作用は老化による基礎代謝の低下や生活習慣の乱れによって起きてしまった血行不良の改善に効果があり、血管を広げ十分な血液を頭皮に送ることができます。その結果、髪の毛の核である毛根細胞が十分な栄養や酸素を血液から受けることができ、髪の毛の成長を促します。

 

男性ホルモン抑制成分

 

遺伝などを心配している人には、男性ホルモンの抑制成分が良い効果をもたらします。遺伝による男性ホルモンの過剰分泌や酵素変換を抑え薄毛や男性型脱毛症の発症を抑えてくれます。
殆どの男性に必要な成分です。

 

栄養補給成分

 

毎日の食事から髪の毛に必要な栄養素を十分に摂ることは、不可能に近いものがあります。さらに薄毛になるに従って必須栄養素の重要性は高まりますので、育毛剤に含まれる栄養素を確実に頭皮に補給してあげるようにします。

 

頭皮代謝成分

 

加齢や運動不足によって頭皮代謝が低下してしまいます。この成分は頭皮の代謝を促す作用があり、薄毛の改善や髪の毛の現状維持に効果的な成分です。

 

髪の毛の状態を現状維持する15の方法まとめ

 

このように育毛剤による髪の毛の現状維持はとても重要です。冒頭のほうで説明している薄毛対策が完全にできるならば、育毛剤は必要ありませんが、ほとんどの人はそれを毎日続けることが困難だと思います。
ですから、その穴埋めを育毛剤で対策していくのです。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking

関連ページ

男性不機能と薄毛の関係について。薬や育毛剤を使うとEDになる?
薄毛の相談はどこにしたらいいの?女性も安心なのは病院や医者だけ?
甲状腺機能障害(橋本病)と薄毛の関係について。原因や対策方法とは
赤い頭皮は薄毛の原因になる?自然乾燥はやめた方が良い理由とは
頭皮の血行が悪いのは薄毛の原因になる?対策と改善方法について
薄毛の前兆とは。においやフケ・かゆみが出て来たら要注意!
頭皮の肌荒れはストレスやシャンプーが原因?薄毛への影響って?
薄毛に揚げ物は良くない?油っこい食べ物が与える薄毛への影響とは
ブリーチやカラーで頭皮が痛むと薄毛の原因になる?今からでも治る?
薬用シャンプーサクセスは薄毛対策に効果がある?頭皮ケアで薄毛予防
頭皮の汚れって薄毛の原因になる?汚れを落とすシャンプーの方法
頭皮の炎症は薄毛の原因に影響する?対策と改善方法について
隔世遺伝によって薄毛になる事はある?隔世遺伝の影響と対策方法
一度薄毛になってしまった髪の毛は、もう二度と生えてこないの?
前髪の生え際の密度から薄毛の進行をチェックする方法
生え際がM字状だと育毛剤を使っても薄毛やハゲになる?対策方法は?
生まれつき髪の毛が後退して産毛しかないのはM字ハゲ?
薄毛で死にたい人必見!今すぐできる薄毛改善方法で治す事はできる!
皮膚科やAGA専門病院に行けば薄毛は治る?治療費用や効果とは
薄毛の原因となる前に髪の痛みやダメージをチェックする方法!
薄毛は薬で治すことができる?市販や輸入品の副作用と育毛効果とは
薄毛の治療はどこでできる?病院以外でもできる男女別薄毛対策方法
髪質が柔らかいと薄毛になりやすい?女性必見の薄毛対策方法
薄毛の悩みは男女共通!薄毛に悩む人に贈るメッセージ
薄毛が気になると男性も女性もマイナス思考になる。対策は?
薄毛で悩む人の為のウィッグの話|女性必見!費用や選び方について
薄毛でノイローゼになりそうな方の原因と改善対策方法
ダイエットは薄毛に良くないの?女性も男性も注意したい改善対策
ピルの服用は薄毛改善にどんな影響を及ぼすのか!気になる副作用は?
肥満と薄毛の関係って?男性も女性も食べ過ぎには注意!
薄毛と皮脂の関係について!頭皮が脂っぽいと薄毛の原因になる?
頭皮の日焼けは薄毛によくないの?紫外線を防いで薄毛改善!
fgf7って何?薄毛改善効果について解説
FUE法って?気になる傷跡と植毛による薄毛改善方法と効果を紹介
急に薄毛に!なるのは何故?女性も注意したい原因と対策について
薄毛と老化の関係|男性も女性も年を取ると毛が抜けるのはなんで?
髪の毛がパサパサで絡むのは薄毛のはじまり?
どこからがハゲでどこまでは薄毛?ラインは一体どこなの?
甘い物や糖分の採り過ぎはは薄毛の原因になる?
部位ごとの薄毛の原因と改善対策!部分によって進行が違うのは何故?
薄毛で悩んでいるネガティブな人がポジティブになる方法!
パソコンやスマホのブルーライトは薄毛の原因になる?対策方法を紹介
髪の毛に影響があるの?薄毛と便秘の関係とは