フィンペシアの薄毛改善効果と副作用を口コミ・評判から解説

フィンペシアの薄毛改善効果と口コミ・評判

フィンペシアとは?

 

フィンペシアとは

 

フィンペシアとは、インドの製薬会社でつくられるプロペシア、 ジェネリック医薬品として販売されています。

 

しかし、日本では公式な販売ができない為、個人輸入でしかも個人の使用に限り購入することが可能です。 フィンペシアについては様々な議論があるのですが、それについても解説していきたいと思います。

 

 

フィンペシアの主成分はプロペシアと同じフィナステリド

 

フィンペシアの主成分はプロペシアと同じ フィナステリドが主成分となっています。 フィナステリドは元々 アメリカの msd社が開発したものでこの会社と契約をしないとジェネリック医薬品としての販売は認められません。

 

また、インドでは薬事法など ジェネリック薬品などに政府の承認を受ける必要がない為、実際のところプロペシアのジェネリックなのかは不明です。

 

 

フィンペシアの効果

 

フィンペシアは、 フィナステリド成分を主成分とする飲むタイプの男性型脱毛症の治療薬として使用されます。 フィンペシアの主成分であるフィナステリドは、男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼ酵素還元を抑制し、男性型脱毛症の原因となる髪の毛にとっての悪玉男性ホルモン、ジヒドロテストステロンの発生を防ぎます。

 

ジヒドロテストステロンの発生を防ぐことで、頭皮のヘアサイクルの乱れを抑制し、抜け毛を抑えます。

 

元々、ナステリドは前立腺肥大症の治療薬として開発されてましたが、前立腺肥大症の患者さんから 育毛効果が見られたため、アメリカのmsd社が育毛剤として開発したものがプロペシアです。そのジェネリック薬品とされるのがフィンペシアという薬です。

 

 

フィンペシアは日本では認可されていない

 

フィンペシアは、日本では認可されていません。というのも薬事法では薬剤は直接人の健康や体に影響するものですから、その品質や有効性及び安全性について科学的根拠やデータ等にもとづいて確認がとれない製品は、きびしく規制されています。

 

フィンペシアは、科学的根拠やデータが確認されていないため、日本では承認されていません。

 

こういった商品は、個人が 輸入する個人輸入 、自分自身で使用する場合にかぎって使用が可能です。 ただし、使用の際のトラブルや副作用と言った事に関しては全て自己責任です。また、個人輸入した薬剤を他人に売ったり買ったりしてはいけません。

 

(参照:http:www.mhlw.go.jptopicsbukyokuiyakukojinyu)

 

購入できる場所

 

インターネットによる個人輸入サイト

 

価格

 

1箱100錠 3090円

 

(参照:http:www.osakado.orgdetail000074_finpecia.html)

 

 

 

フィンペシアを使用する際の注意点と副作用

 

フィンペシアを利用する際の副作用は、プロペシア同様主成分がフィナステリドですから、フィナステリド のような副作用が あります。

 

1 性欲減退

 

プロペシアを服用することで、100人中 2人未満の人に性欲減退の副作用が認められます。

 

確率としては非常に低いのですが、これがフィンペシアによる副作用だと数字が確認されていません。 数字が確認されていないということでプロペシア副作用 リスク大きいといえるでしょう。

 

2 勃起機能低下

 

フィナステリド成分に含まれる副作用で、勃起機能低下率が全体の1.5%未満です。この場合も、プロペシア を対象に検証した結果ですので、フィンペシアの場合は、このような副作用のリスクが数値化 されていません。

 

3 うつ

 

フィナステリド成分を服用することで非常に低い確率ですが憂鬱さや倦怠感といった症状を発症してしまう場合があります。

 

4 肝機能障害

 

1日に1回接種するお薬なので肝臓に影響が出てしまう可能性があります。肝機能の弱い方は注意が必要です。

 

5 精子減少

 

フィナステリド成分は男性ホルモンの10倍の効果をもつ ジヒドロテストステロンの発生を押さえてしまうため睾丸での精子の製造にも大きく影響してしまいます。

 

最後にもう1つ、フィンペシアには以前コーティング剤にキノリンイエローという成分を使用していました。

 

キノリンイエローは着色添加物の一つで、発がん性物質を含む添加物とされています。このキノリンイエローの食品への添加は安全性が証明されていないため、現在日本ではこの成分を添加することを禁じられています。

 

しかし、現在は個人輸入業者でも対策を売っておりキノリンイエローフリーのフィンペシアが流通しています。
もし、この成分だと思われるものが含まれている場合は目視でも確認が可能なので、服用しないようにしましょう。

 

まとめ

 

フィンペシアはプロペシアに含まれるフィナステリド成分が主成分となっており、理論的には男性型脱毛症の治療に有効なお薬です。 ただし、国から認可されていない医薬品ですので科学的根拠やデータが乏しいのが現状です。

 

こういったデータが乏しいということは、服用することによって体に作用をする薬害 というリスクが あるということを認識しておく必要があります。つまりフィンペシアを使用するよりは、国の承認のある安全なプロペシアを使用したほうが良いということです。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking