人工毛植毛のメリットとデメリット|安全性と費用や薄毛対策効果は?

31人工毛植毛ってなに?

 

人工植毛ってなに?

 

自毛植毛というのは知っているけれども、人工植毛とはどういうものを言うのでしょうか?
たとえば、エクステみたいに他人の毛を移植したり、人工で作られた毛を移植することなのでしょうか?

 

人工植毛とは、人工で作られた髪の毛を頭皮に植え込んでいくという植毛技術です。

 

人工植毛って大丈夫なのか心配、色々なデメリットがありそうで怖いという人も多いと思いますので、人工植毛についてを説明していきます。

 

人工植毛とは

 

人工植毛とは、人体に異物感がないように作られたポリエステル系の高分子樹脂を薄くなった頭部に直接埋め込んでいく植毛のことを言います。

 

このポリエステル系の高分子樹脂は、医療用の人工血管にも使われる素材なので、拒絶反応が少ない素材といわれています。

 

そして、自毛植毛のように一度後頭部などから自毛を切り出し再度埋め込むという作業工程の半分で施術が可能です。

 

内容は、麻酔を頭皮に打ち専用の器具で薄毛部位に人工毛を植え込んでいくだけなので、作業スピードが速く1時間のうちに300から500本もの人工毛を植えられます。

 

人工毛が植え込まれた後は、自分の髪の毛と変わりない感覚で髪の毛を洗ったり整髪が可能とされる再現性の高い植毛技術のことを言います。

 

人工植毛のメリット デメリット

 

再現性が高く自然な感覚とは言っても、やっぱり心配という方には人工植毛のメリットデメリットをご紹介します。

 

人工植毛のメリット

 

・医療用の人工血管に使用される素材と同じポリエステル系高分子樹脂を使用しているから安全
・自毛自植だと移植する髪の毛の本数に制限があるが人工毛の場合その制限がない
・手術時間も短く頭皮への負担が少ない
・自毛自植よりも費用が割安
・医療機関での施術

 

人工植毛のデメリット

 

・自分の体の一部を使用するわけではないため違和感や拒絶反応が現れる可能性も0ではない
・人工毛は成長しないためメンテナンスが大変、また抜けやすいという特徴もある
・引っ張りの力が作用して人工毛が抜けてしまうとそこから炎症が起きる可能性があり、皮膚トラブルの原因になりやすい
・メンテナンスを含めると結局割高

 

人工植毛の具体例と費用

 

人工植毛は、500本あたり10万円から13万円となります。自毛自植の場合、100本で11万前後ですから約51の料金の安さだといえます。

 

それぞれにメリットデメリットがありますが、料金だけをみると魅力的です。

 

まとめ

 

人工植毛はこんな人にお勧めです。
自毛植毛で移植する髪の毛が足りなかった、薄毛の範囲が広すぎる、通常の育毛治療では手遅れだと宣告された、かつらやウィッグをかぶりたくない、育毛治療の副作用が怖い、などといった悩みがある方は一度無料のカウンセリングで話を聞いてみると良いでしょう。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking