保険適用内で薄毛の治療はできる?保険が効く薄毛の種類と治療方法

保険適用内で出来る薄毛対策とは?

 

保険の効く薄毛対策

 

薄毛が気になり始めると、薄毛治療を考えると思います。
そして、病院や専門クリニックで治療を考えた場合、薄毛治療は保険が適用されないことがほとんどです。ですから自費で高額の治療費を支払わなければなりません。

 

しかし、薄毛治療は種類によっては、保険が適用される場合があります。

 

薄毛治療に保険が適用される場合は、皮膚疾患や免疫不全が関係している薄毛に対して保険が適用されます。

 

それでは、保険が適用される皮膚疾患や免疫不全による薄毛とはどのようなものをいうのでしょうか。

 

 

保険が効く薄毛の種類

 

保険が適用される薄毛は、頭皮の皮膚疾患が原因となっているもの、免疫不全で薄毛を発症したもの、薬剤治療の副作用で薄毛になったものです。

 

皮膚疾患

 

脂漏性脱毛症やひこう性脱毛症などのことをいいます。脂漏性脱毛症は頭皮の皮脂が過剰に分泌し頭皮に疾患ができた際に発症してしまう脱毛症です。

 

また、ひこう性脱毛症は頭皮が乾燥してしまい、大量のフケが原因で脱毛してします脱毛症です。どちらも皮膚疾患が原因ですから保険が適用されます。

 

免疫不全

 

免疫不全とは免疫の暴走やホルモンバランスたとえば、甲状腺ホルモンなどの影響で抜け毛が発症してしまうものです。

 

特に、円形脱毛症などはこの部類に入り皮膚科で治療を受けることができます。また甲状腺や甲状腺ホルモンが関係する抜け毛にも保険が適用されます。

 

薬剤治療

 

薬剤を使用して病気を治療する際に、薬剤の副作用を伴う薄毛に対して保険は適用されます。

 

保険適用の概念は、生命維持や日常生活に支障を生じるときの病気や怪我の治療に保険が適用されるとなっています。

 

上記にあるような症状は、日常生活に支障をきたすものですから、保険が適用されるということになります。

 

では少し考え方を変えて、たとえば男性型脱毛症は保険適用外となりますが、男性型脱毛症を発症して薄毛になることでうつ病を発症してしまう恐れがあるから、その場合生活に支障をきたす恐れがあるという理由で、保険適用にしてくれという場合が想定できます。

 

しかしこの場合は、まだうつ病に発症していないため、うつ病に発症してその原因が男性型脱毛症だった場合、男性型脱毛症の治療はうつ病の治療の一環だということが認められれば、もしかしたら保険が適用できるかもしれません。

 

保険が適用されない薄毛治療

 

保険が適用されない薄毛治療は、日常生活に支障をきたさない薄毛や原因不明な薄毛などです。特に男性型脱毛症などは発症しても普通に生活を送ることができることから保険は適用されません。

 

また、女性のびまん性脱毛症なども保険が適用されません。
薄毛治療の概念は基本的に美容扱いになるため歯医者さんの審美や美容整形と同じ扱いになってしまいます。

 

 

まとめ

 

これらをまとめると皮膚疾患や免疫不全、薬剤副作用による薄毛抜け毛の治療は保険が適用され、それ以外たとえば見た目をきれいに見せるための目的による薄毛治療は保険が適用されません。

 

つまり、日常に支障がでれば保険が使えて、日常に支障をきたさなければ保険が適用されないということです。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking