植毛クリニックとは?薄毛対策の評判やおすすめの選び方とは!

植毛クリニックとは

 

植毛クリニックとは

 

男性型脱毛症の影響で、頭髪の薄くなった場所に自分の髪の毛、比較的男性型脱毛症の影響を受けにくいとされる後頭部や側頭部の強い髪の毛を、薄くなった箇所に移植することを自毛自植といいます。

 

植毛クリニックとは、このような植毛の施術を行いなおかつ植毛部位の育毛までの治療を行えるクリニックのことをいいます。

 

 

植毛のメリット デメリット

 

植毛をする前に植毛に関するメリット・デメリットをしっかりと把握しましょう。

 

メリット

 

・植毛を一度するとその後の定着率が高い
・自分の髪の毛を移植しているので拒絶反応がないので安全
・植毛した毛も自分の髪の毛なので同じような成長過程を歩む
・植毛後一定期間の育毛治療を終了すればその後の育毛はしなくても良い

 

デメリット

 

・植毛できる髪の毛の本数は本人の髪の毛の量によって決まる
・一度の移植では髪の毛の密度が薄い
・植毛技術によっては傷跡が残る場合がある
・移植部位以外の髪の毛が薄くなる可能性が残る
・費用が高額

 

植毛クリニックの選び方

 

上記の植毛に対するメリットデメリットが理解できたら今度は植毛クリニックを選ばなくてはいけません。その場合どのような条件が良い植毛クリニックなのかをご紹介します。

 

・限られた髪の毛を無駄なくすべて採取し植毛してくれる
・植毛する株に傷を与えない
・迅速かつ丁寧
・周りの毛となじむように自然な植毛技術
・既存の髪の毛にもダメージを与えない技術
・植毛は納得のいく密度まで数回の施術が必要になる場合があります。一回の施術でも大量の植毛が可能なクリニック
・少ない株数でも薄毛を最大限に隠せるような技術力
・株を採取した箇所の傷口の縫合技術
・安全な麻酔技術
・合併症を起こさない安全性
・植毛を専門にしている
・豊富な経験と実績がある

 

植毛の種類

 

植毛にはさまざまな技術があります。その種類を解説していきます。

 

1 毛法単位植毛

 

毛包単位で植毛する技術で高密度で自然な仕上がりになる世界標準植毛

 

2 くりぬきグラフト採取

 

直径1mm前後のパンチを入れて毛根をくりぬいていく方法です。
すこしデメリットの部分が大きい植毛施術です。

 

3 SAFE SYSTEM

 

SAFE法はくりぬきグラフト採取型を改良してできた方法です。高度な技術力が必要とされるため限られた医療施設でしか施術ができません。しかし毛根の切断率が飛躍的に低くなり5〜8%前後だとされています。

 

4 ニードル植毛

 

比較的範囲の狭い植毛に向いた方法です。仕上がりはきれいで穴あけと植え込みを同時に行う方法です。

 

5 パンチグラフト植毛

 

1960年代に広く行われていた植毛方法ですが、傷跡が残り密度が低いことから現在ではほとんどのクリニックで採用されていない技術です。

 

6 自毛自植機

 

植毛を機会で行う方法です。髪の毛が不自然に見えたり傷跡が残ってしまうデメリットがあります。

 

7 人工毛植毛

 

 

植毛には色々な方法や技術があるのですが、一番良いのは実績のある専門のクリニックで腕のよいお医者さんに頼むのが一番です。

 

まとめ

 

植毛クリニックは扱っている植毛技術がクリニックによって違います。ですから、値段だけで判断してしまうのは少し危険ですね。

 

しっかりと調べて、実績が伴ったクリニックで、なおかつ植毛の方法も自分にあった方法を提案してくれる信頼できる植毛クリニックを選ぶということが重要です。
(参照:http:www.nhtjapan.com)

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking