紫外線対策をする事は薄毛対策につながる?

紫外線を意識することも薄毛対策につながる

紫外線対策で頭皮ケアをする方法

 

紫外線を浴びることで、髪の毛が薄くなってしまうということがいわれていますが、それでは紫外線を遮断することで薄毛は改善されるのでしょうか?
結論から言わせてもらいますと、紫外線を浴びすぎても、完全に紫外線をシャットアウトしても薄毛はよくなりません。
むしろ頭皮ケアにはならないということです。

 

紫外線のメリット・デメリット

 

紫外線はお肌に悪影響だといわれています。もちろん頭皮も顔の肌と同じように一枚肌といわれていますから、紫外線は頭皮にとっても悪影響を与えてしまいます。

 

しかし、紫外線を完全に防いでも悪影響だということがいえます。

 

その理由は、紫外線は確かに頭皮に浴びすぎるとメラノサイトからメラニン色素が大量に作られ、大量につくられたメラニン色素は、そのまま頭皮のなかで酸化してしまいます。

 

要するに、肌が老化してしまうということです。肌老化が原因でヘアサイクルの寿命を縮めてしまい、抜け毛を促進してしまう可能性があります。

 

しかし、完全に紫外線をシャットアウトしてしまうと、今度はメラノサイトからのメラニン色素があまり生成されなくなるため、頭皮が抵抗力を持たない弱いものになってしまいます。

 

抵抗力の弱い頭皮は、外部からの雑菌に敏感に反応してしまい、抜け毛を促進してしまい結局は薄毛になってしまいます。

 

つまり、紫外線は浴びすぎず浴びなすぎずというように程よく頭皮に吸収することが一番よいのです。
次に、紫外線の代表的な性質について説明します。

 

UVAとは

 

UVAとは、直接肌に影響を与えるものではないのですが、肌の奥まで浸透しまた蓄積しやすい性質を持った紫外線です。このUVAは紫外線の約9割を占めているそうです。

 

蓄積が進み、頭皮に溜まりすぎたUVAは頭皮のたるみや酸化で血液循環を阻害してしまいますので、ゆっくり頭皮に悪影響を与えてしまいます。

 

 

UVBとは

 

UVBは紫外線の性質でも1割に満たない紫外線の性質ですが、頭皮や皮膚への影響がUVAよりも即効性があり、また炎症の原因となってしまいます。

 

浸透力はないものの、頭皮表面のメラノサイトを刺激して活性させメラニン色素を大量に作り出してしまいます。その結果頭皮が酸化し髪の毛のヘアサイクルを乱してしまいます。

 

紫外線を意識することも薄毛対策につながるまとめ

 

紫外線は、メラノサイトからのメラニン色素の活性化によって頭皮を強くも弱くもします。程よく紫外線にあたることで強い頭皮になり頭皮代謝も促進されます。

 

また、紫外線が頭皮にいる雑菌やウィルスを消毒してくれる効果もありますので、紫外線は付き合い方しだいでは頭皮にとてもよい頭皮ケアだということがわかります。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking