髪の毛の油やフケは薄毛の原因になる?効果的なシャンプーやケア方法

髪の根元の油やふけを取る事も薄毛対策につながる

髪の毛に悪影響?髪の根元の油やふけはどうやってとったらいい?

 

ワックスの油、ベタベタしたフケを落とすには?

 

スタイリング剤に含まれる油や、ベタベタとしつこいフケを効果的に落とすにはどうしたらよいのでしょうか?

 

スタイリング剤の油や、余分な皮脂によるベタベタフケが頭皮に残っていることで頭皮環境が荒れてしまい抜け毛の原因となってしまいます。

 

このような余分な油や脂は、きれいに落とすことが頭皮にとって健康的であることは間違いありません。

 

しかし、油と脂は性質が違いますので、それぞれの落とし方を説明します。

 

まず、スタイリング剤の科学的な油と皮脂などが原因とされる自分の体から分泌される皮脂を分類することが大切です。

 

それは、科学的な油を落とす方法と皮脂を落とす方法が違うからです。

 

科学的な油を落とす方法と同じようにフケを落としてしまうと、頭皮に必要な皮脂まで根こそぎ落としてしまいます。
また、皮脂を落とす方法で科学的な油は落ちません。

 

しかし、落とす方法を工夫すると確実にきれいに落とせます。

 

 

スタイリング剤などの油汚れを落とすのによい方法

 

スチーマープラスブラッシング

 

スチーマーで、まず頭髪や頭皮についた油を浮かせます。スタイリング剤の油は特に強力なのでスチーマーでふやかした後、ブラッシングでさらに浮かせてからその後シャンプーをします。

 

クレンジングオイル

 

頭髪用のクレンジングオイルを使います。クレンジングオイルには油と水を融合する界面活性剤が多く含まれるため比較的簡単にスタイリング剤の油を浮かせることができます。その後さらに界面活性剤の入ったシャンプーで洗い流します。

 

界面活性剤で2度洗い

 

特に、市販のシャンプーには強力な洗浄力を持つ界面活性剤が含まれています。そのシャンプーを使って2度洗いをします。1度目は頭皮を泡立てる程度で汚れを浮かせます。

 

一度お湯ですすぎ2度目のシャンプーでさらによく洗っていきます。

 

ただし、1日に2度洗いを毎日続けると頭皮によくありません。また頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまう恐れがあります。
界面活性剤入りを使うときは考えて使うようにしましょう。

 

フケなどの脂汚れを落とすのによい方法

 

スチーマー、ブラッシング

 

上記の考えと同じように、スチーマーで余分な皮脂を浮かせます。このとき同時にブラッシングをしてもかまいません。これで80%の汚れや皮脂やフケは浮き、湯洗いでも落としやすくなります。

 

フケの場合、頭皮の炎症の可能性があるためシャンプー剤はできるだけ天然成分のものを使用するか、湯洗い程度にするとよいでしょう。

 

天然成分のオイル

 

ホホバオイルなど、天然の樹木などから作られた成分のクレンジングオイルを使用して頭皮の余計な脂汚れやフケを浮かせて洗い落とします。

 

天然成分ですので頭皮に負担が少なく、また皮脂の取りすぎにもなりませんので、安心して使えます。

 

ベタベタフケや、乾燥しているフケを落とすときに気をつけたいのが頭皮の炎症です。フケや皮脂を浮かせたらシャンプー剤は極力、界面活性剤が使われていないものを使用したほうがよいでしょう。
そして、頭皮の炎症は早めに皮膚科で治療することをおすすめします。

 

 

髪の根元の油やふけを取る事も薄毛対策につながるまとめ

 

スタイリング剤による油汚れか、体から自然に分泌される脂汚れやフケなのかで汚れの除去の仕方が変わってきます。ここを履き違えてしまうと、抜け毛の原因となるので気をつけて頭皮ケアをしましょう。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking