頭頂部が若いの薄いのはヤバい?男女共に気を付けたい頭頂部の薄毛

若い頃から頭頂部が薄い人はいつまではげない?

頭頂部が若いころから薄いけどいつまで維持できますか?

 

頭頂部の薄毛の進行具合

 

若い頃に頭頂部が薄くても若さという武器があるため、薄いままの状態が継続していると思います。
しかし、30歳を超えたあたりから徐々に体が衰え老化していくことで、頭皮の新陳代謝や血行が悪くなっていきます。

 

それほど薄毛が悪化することがなかった頭頂部も、この老化によって徐々に薄毛がひどくなっていきます。

 

頭頂部の薄毛は男性型脱毛症が原因です。また、男性型脱毛症は30歳を超えると男性ホルモンの影響ももプラスされ徐々にゆっくりと進行していきます。

 

30歳を過ぎた頭頂部

 

男性は30歳を過ぎると、急に男性ホルモンが多くなります。30歳を過ぎてからヒゲが濃くなった、体毛が濃くなったという方は多いのではないでしょうか。男性ホルモンが多くなるというよりは、男性ホルモンがジヒドロテストステロンへ酵素変換しやすくなると言ったほうがよいでしょう。

 

ジヒドロテストステロンは男性型脱毛症の原因となっていますが、そのほかにもヒゲが濃くなったり体毛が濃くなるという効果があります。

 

ヒゲや体毛にはジヒドロテストステロンの中のタイプ1が作用します。しかし頭頂部や前頭部はこのジヒドロテストステロンのタイプ2が作用してしまうのです。タイプ2は髪の毛の成長を強力に抑制してしまう効果があります。

 

それが30歳を超えてから男性型脱毛症が進行してしまう大きな原因です。

 

30歳を超えても性欲が強い場合

 

30歳を超えて男性ホルモンの影響で頭頂部の薄毛が進行していくわけにはもう一つ理由があります。その理由は男性ホルモンが強い、もしくは酵素変換前の男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が多いことが理由になります。

 

酵素変換する前のテストステロン自体の分泌量が多いと、当然酵素変換したあとのジヒドロテストステロンの量も多くなってしまいます。ですから基本的なテストステロンが多い人は頭頂部の薄毛がどんどん進行していく可能性があります。

 

また、そういった方は性欲も強めかもしれません。指標として自分の性欲も考えてみると良いでしょう。

 

しかし、男性ホルモンの分泌量を調整することは不可能ですから、頭部の男性ホルモンの抑制に力を注いだほうがよいでしょう。

 

若い頃から頭頂部が薄い人はいつまではげない?まとめ

 

まとめると、頭頂部の薄毛は30歳を過ぎた頃から次第に薄毛が進行していきます。それは男性ホルモンがジヒドロテストステロンへの酵素変換が急速に起きてしまうのと、老化による頭皮環境の悪化が原因です。

 

30歳に近づいたら早めに育毛をはじめることで、頭頂部の薄毛の進行を阻止し薄毛の改善にも繋がります。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking