後頭部ハゲや薄毛の原因って?男女共に出来る改善方法も紹介!

後頭部のハゲの原因は?

後頭部のハゲの原因は?

 

後頭部の薄毛改善

 

後頭部の薄毛は、男性型脱毛症による原因がほとんどです。男性型脱毛症は男性ホルモンテストステロンと5αリダクターゼの酵素変換によって、頭部のヘアサイクルが乱れてしまい、その影響でヘアサイクルの成長期が短縮され、後退期から休止期が長くなることで発症してしまいます。

 

後頭部のハゲは、男性型脱毛症の原因となる悪玉男性ホルモンを抑制し、頭部のヘアサイクルを元に戻すことで改善されます。

 

後頭部ハゲの原因とは

 

男性型脱毛症が発症するには段階があります。

 

1段階  

 

生活習慣、ストレス、遺伝などの影響を受けて男性型脱毛症を発症してしまいます。男性型脱毛症の原因は遺伝でるという説が根強かったのですが、遺伝による男性型脱毛症の発症率はおよそ30%程度となっており、残り70%はそれ以外のことが原因となっています。

 

特に生活習慣は、男性型脱毛症に発症する確立を高めてしまいます。
食生活、睡眠、運動、などあらゆる要素が絡んで男性型脱毛症を発症してしまいます。

 

2段階

 

1段階の原因が血液や自律神経に作用して、男性型脱毛症の原因である5αリダクターゼを多く分泌してしまいます。

 

この5αリダクターゼが元から多い方は遺伝的要素が強いのですが、元は通常量であったにもかかわらず、生活習慣などの乱れによって5αリダクターゼの分泌が多くなってしまうことで、男性型脱毛症に直接影響してしまうジヒドロテストステロンを多く生成してしまいます。

 

3段階

 

このジヒドロテストステロンが後頭部にある受容体と融合することで、髪の毛のヘアサイクルが乱れ抜け毛を発症してしまいます。ヘアサイクルの乱れは成長期の期間が短くなり、後退期から休止期の期間が長くなってしまいます。

 

また、男性型脱毛症は自然治癒することはありません。放っておけばその分だけ薄毛は進行していきます。

 

 

後頭部ハゲの兆候

 

男性型脱毛症にはある程度の兆候が現れます。上記の第2段階で血液や自立神経に影響していると説明していますが、このときに頭皮にも異常がでてきます。

 

血行不良による乾燥やかゆみ、または、男性ホルモン増加による脂性や湿疹などの症状が出始め頭皮からかゆみがでたりフケが発生したりします。

 

このような状態が続くようであれば次第に後頭部が薄くなっていきます。

 

後頭部のハゲの原因は?まとめ

 

このように後頭部のハゲは男性型脱毛症の可能性が高いのですが、後頭部のはげは適切な育毛で改善しやすいのです。

 

前頭部と違って後頭部は抹消血管が集中しているので、血液の流れを改善すると簡単に育毛効果を得られます。

 

そのためには早期発見早期対策が必要です。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking