食生活の改善で薄毛にも効果あり!知っておきたい食事での薄毛対策

食生活を見直して薄毛・ハゲ対策をしよう!

食生活を変えることが一番の薄毛対策?

 

食生活は人が生きる上で最も基本的な部分です。

 

その食に偏りが出てしまうことで、抜け毛の原因となり、結果として髪の毛が薄くなったりハゲてしまう可能性があります。

 

しかし、その基本的な毎日の食事を見直すだけで、薄毛やハゲが改善に少なからず良い影響を与えてくれます。

 

一概に食といっても、ピンと来ないと思いますが、毎日食べる食事にはもちろん色々な栄養素が含まれます。

 

今回は薄毛と食生活の関係について解説していきます。

 

髪の毛に良いとされる栄養素だけを摂っても髪の毛は生えてこないって本当?

 

髪の毛に良いとされる栄養素だけを摂っても髪の毛が生えてくることはありません。

 

その理由は髪の毛にとって重要な栄養は一つだけではないからです。

 

例えば、髪の毛はタンパク質でできています。

 

特にケラチンタンパク質が髪の毛の主成分と言っても良いでしょう。

 

それなら、普通に考えるとタンパク質を多めに摂れば髪の毛が生えてきそうです。

 

しかし、そんなに単純ではありません。人の体の中にあるタンパク質は、約20種類のアミノ酸が様々な組み合わせで結合してできています。

 

そして多数のアミノ酸の組み合わせの相違によって、そのタンパク質の栄養素も違ってくるのです。

 

わかりやすく言えば、タンパク質は様々なアミノ酸の様々な結合によって作られており、それが一つでもかけると髪の毛に影響してしまうという事です。

 

そしてその相違によるアミノ酸類は、さらに他の栄養素の補助があって出来上がるものです。

 

必須アミノ酸とは

 

必須アミノ酸とは絶対に人の体に存在しなければならないアミノ酸のことをいいます。

 

この必須アミノ酸も様々な相違によるアミノ酸郡によって作られるものです。

 

その中の代表格と思ってもらっても良いでしょう。

 

特に、人体や髪の毛に必要な必須アミノ酸はイソロイシン、ロイシン、リシン、フェニルアラニン、メチオニン、トレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンの9種類です。

 

髪の毛が生えるための補助的栄養素とは?

 

髪の毛のメインの栄養素がタンパク質です。そしてタンパク質には、約20種類のアミノ酸が色々な形で結合しています。

 

その中にさらに必須アミノ酸というものが9種類あると言いました。

 

それでは、このアミノ酸が作られるにはどのようにして作られるのでしょうか?

 

アミノ酸には食物などから補給できないアミノ酸もあります。

 

そういったアミノ酸は体の中で生成されて頭皮や髪の毛の栄養分となります。

 

体の中で作られるアミノ酸は亜鉛やビタミンなどの補助を受けて体内で生成されているのです。

 

その他にも、脂肪分、炭水化物、カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、ビタミン類、などが密接に関わり合い、結合し合ってできているのです。

 

それでは具体的に説明いたします。

 

脂肪分

 

脂肪は体内に吸収された際のエネルギー源になるものです。

 

エネルギー源とは体を動かすものですので、脂肪のおかげで体が動いているのです。

 

体が動くといっても何も手足などを動かすという意味だけでなく、例えば内蔵の活動や血流など体の内外部全ての機関を動かすエネルギーです。

 

このエネルギーのおかげで、体が動き体が動くということは新陳代謝も行われるという事です。

 

その結果、髪の毛の細胞分裂も助けているということになります。

 

ただし、脂肪というのは体内に蓄積しやすい栄養素なので摂りすぎに注意が必要です。

 

炭水化物

 

炭水化物は糖質ともいい脂肪同様エネルギー源としてとても重要な役割があります。

 

また、炭水化物は体内で消化された後、ブドウ糖に分解され小腸から血液に取り込まれていきます。

 

つまり、ブドウ糖は体の各所の栄養素と言っても良いでしょう。

 

そして頭髪の毛根の下のほうにも毛細血管が張りめぐされており、その毛細血管から栄養をもらって髪の毛が成長します。

 

炭水化物も髪の毛に必要な栄養分ということがわかります。

 

 

鉄は体の中の血中のヘモグロビンに含まれている栄養素です。

 

鉄が減るということはこのヘモグロビンが減るということで、貧血などをおこしてしまいます。

 

もちろん、頭皮も血液から栄養を受けているため、貧血が起きると、まず頭皮の血液を生命維持の方へ回されてしまいます。

 

頭皮に栄養が足りない状態になってしまいますので、その結果髪の毛が抜けやすくなってしまう恐れがあります。

 

ナトリウム

 

ナトリウムは体の各組織液に一定の濃度で含まれているものです。

 

ホルモン類にもこのナトリウムが含まれていますので、ナトリウムが足りなくなってしまうとホルモンの分泌や濃度にも影響します。

 

特に女性ホルモンや成長ホルモンに影響してしまうと髪の毛の成長の妨げとなってしまいます。

 

ビタミン類

 

ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンDなど
体の維持や毛髪の生成や維持に大きく影響します。

 

また、補助的役割のビタミンも多いため髪の毛にはとても大切な栄養素類です。

 

髪の毛の栄養分は複雑に補助し合って髪の毛が出来ている

 

つまり、髪の毛の栄養素は単純じゃないという事です。

 

その組織を作り出すのに、数種類や数十種類の栄養素が複雑に絡み合い補助し合って出来上がっているのです。

 

という事は髪の毛に良い栄養素は全ての栄養素と言っても良いでしょう。

 

ですから、バランスよくすべての栄養素を毎日とる必要があるのです。

 

しかし、これだけの栄養素を毎日規則正しく取り込むことが出来る人は希です。

 

この場合はサプリメントなどで足りていない栄養素を補給しても良いでしょう。

 

薄毛に必要な栄養素の種類

 

まずはどのような栄養素が頭皮にはよいのかということについて頭皮に良い栄養素の種類をご紹介します。

 

ビタミン類

 

ビタミンにはA B群 C E などの栄養素ががあります。ビタミンAは頭皮の新陳代謝を高め免疫機能を正常な働きにする効果があります。

 

次にビタミンBには体の神経系統を正常にし血行の促進に効果があります。ビタミンCには抗酸化作用があり頭皮の老化を防ぐ役割があります。

 

亜鉛

 

髪の毛はケラチンというたんぱく質でできています。そして、頭皮の皮膚もそのたんぱく質でできています。

 

ですから、ケラチンというのはとても大切な物質なのですが、このケラチンは通常のたんぱく質とアミノ酸の合成でできるものですが、亜鉛がこの合成の手助けをしてくれる栄養素になります。
たんぱく質

 

髪の毛や頭皮の皮膚の原料となるのがたんぱく質です。主となる原料ですから必須栄養素です。

 

亜鉛

 

摂取できる食品 レバー、あさり、牛乳など
頭皮に不足すると 頭皮の乾燥、湿疹、抜け毛

 

たんぱく質

 

摂取できる食品 シラス、鮎、卵など
頭皮に不足すると 頭皮の乾燥や荒れ、髪の毛が痩せる、抜け毛

 

ビタミン類

 

ビタミンA

 

摂取できる食品  レバー、にんじん、ほうれん草など

 

頭皮に不足すると現れる症状 頭皮乾燥による抜け毛

 

ビタミンD

 

摂取できる食品  かつお、ぶり、シラスなど

 

頭皮に不足すると 血中濃度が悪くなることで頭皮環境がわるくなる

 

ビタミンE

 

摂取できる食品  小麦、アーモンド、バターなど

 

頭皮に不足すると 血行が悪くなり頭皮環境が乱れ抜け毛の原因になります。

 

ビタミンB1

 

摂取できる食品  小麦、豚肉、レバーなど

 

頭皮に不足すると 神経過敏による頭皮環境の乱れなど

 

ビタミンB2

 

摂取できる食品  うなぎ、レバー、鶏のたまご

 

頭皮に不足すると 皮膚炎による頭皮環境の悪化

 

ビタミンB6

 

摂取できる食品  魚、レバー、ジャガイモ

 

頭皮に不足すると 脂漏性皮膚炎などの原因となり最悪脂漏性脱毛症に発展してしまう恐れ

 

ビタミンB12

 

摂取できる食品  レバー、アサリ、かきなど

 

頭皮に不足すると 神経機能低下や貧血による薄毛の可能性

 

ビタミンC

 

摂取できる食品  柑橘類、キウイ、緑黄色野菜など

 

頭皮に不足すると 頭皮の免疫力が落ち、外部や菌の刺激を受けやすくなる

 

食生活を見直して薄毛対策をしよう!まとめ

 

いかがでしょうか?

 

食生活は髪の毛にとって非常に大切です。

 

正確には食べ物に含まれる栄養素が重要。という事になります。

 

薄毛対策は普段の食生活を髪の毛に良い栄養素が含まれるものに変えたり意識する事で、少なからず薄毛改善に効果的なのは間違いありません。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking

関連ページ

薄毛やハゲは生活環境を改善すれば予防効果がある?
睡眠不足を改善すると薄毛が治る?薄毛回復と睡眠時間の関係
タバコをやめると薄毛対策になる?薄毛の原因とタバコの関係
薄毛は遺伝する?父方、母方からの遺伝と改善対策方法
亜鉛は取りすぎると薄毛に逆効果?亜鉛の薄毛改善効果について
ストレスが原因で薄毛になる?ストレスからくる薄毛と改善対策
髪質の変化は薄毛の前兆?髪が柔らかい人は注意が必要
どんな生活環境が薄毛に良いの?女性も必見の生活改善による薄毛対策
乾燥肌で薄毛の人はどんなシャンプーを使えば薄毛に効果があるの?
頭頂部の薄毛は血流が原因?血流障害がもたらす薄毛への影響
薄毛に育毛サプリメントは効果あるの?主な成分と薄毛改善への影響
お酒の飲み過ぎは薄毛に影響する?薄毛対策とアルコールの関係
発毛促進とは?育毛剤や育毛シャンプー・治療など効果があるのは?
薄毛に1番有効な手段は育毛剤、生活習慣?効果があるのはどれ!?
アメトークでも話題に!薄毛の芸人ってバービーさん以外に誰がいる?
薄毛の芸能人ってどんな方がいるの?男性と女性別にまとめてみた!
自分でもできる!シャンプーと肩こりマッサージで薄毛対策
薄毛を隠す粉末やスプレーの効果は?薬局で買える粉で対策する方法
栄養不足が原因で髪の毛が抜けるは本当?薄毛と栄養不足の関係
薄毛を隠すふりかけって何?!口コミで話題になった薄毛対策ふりかけ
薄毛とホルモンバランスの関係とは?ホルモン治療で薄毛は治る?
ストレッチが薄毛対策に効果的!髪の毛にいいストレッチ方法を紹介!
有酸素運動は薄毛対策に効果的!ウォーキングや水泳で薄毛改善!
強化できる!薄毛と抜け毛で悩む人がまず改善するべき事
眼精疲労と薄毛改善の関係!眼の疲れからくる薄毛の対策方法とは
ホホバオイルで頭皮ケアは薄毛改善効果あり?無印でも買える簡単ケア
夏の薄毛対策って?帽子だけじゃない!夏の過ごし方と注意点
薄毛対策にトリートメントやコンディショナーってどんな効果がある?
今すぐできる薄毛のお手入れの方法って?自分でも出来る7つの方法
iPS細胞で薄毛治療が出来る?!未来の薄毛改善方法と効果について
薄毛のレーザー治療って?女性も必見の薄毛改善効果
70代で薄毛の人ってどれくらい?男性も女性も必見の薄毛改善方法
40代で薄毛の人ってどれくらい?男性も女性も必見の薄毛改善方法
30代で薄毛の人ってどれくらい?男性も女性も必見の薄毛改善方法
20代で薄毛の人ってどれくらい?男性も女性も必見の薄毛改善方法
10代で薄毛の人ってどれくらい?男性も女性も必見の薄毛改善方法
育毛メソセラピーの薄毛改善効果とは?女性必見の治療方法について
貧血の人は薄毛になりやすいの?実際の症状と改善方法について
牛乳石鹸で洗髪は髪の毛に良い?薄毛への効果とメリット・デメリット
50代で薄毛の人ってどれくらい?男性も女性も必見の薄毛改善方法
60代の薄毛とは?対策と原因