50代で薄毛の人ってどれくらい?男性も女性も必見の薄毛改善方法

50代の薄毛の原因と対策

50代の薄毛とは?対策と原因

 

50代の薄毛は年齢的なものと若い時のものの混合が多い

 

50代の薄毛は、若い時から引き継いだ薄毛と、年齢的に体の老化が進み薄毛に発症することがあります。

 

若い時から引き継いできた薄毛は、年齢が50歳を超えるとある程度末期の状態。

 

50歳代に入ってからの薄毛は、体の老化が原因ですので、対策によっては改善する余地があります。

 

50歳の薄毛の原因

 

50歳を迎えると、体の衰えがますます加速していく年齢です。一般的に白髪が目立ったり、疲れやすくなるのも50代。

 

また、女性に多いとされていた更年期障害も、男性の50歳代で発症してしまうことがあります。

 

男性ホルモンのバランスの崩れ、筋力低下、情緒不安定など、様々なトラブルが起きるのも50代です。

 

それでは、50代の薄毛について、若い時からから薄毛を発症していた場合と、50代で初めて薄毛を発症した場合に分けて解説していきます。

 

若い時からの薄毛の原因と対策

 

若い時からの薄毛を引き継いでしまっている場合、その薄毛の原因は男性型脱毛症です。50代ですから、殆どの方が男性型脱毛症が進んでいると考えられます。

 

そして、50代に入ると男性ホルモンの分泌量が減少していくため、徐々に老人性脱毛症に移行していきます。

 

男性ホルモンは薄毛の原因、男性型脱毛症の原因になるものだと勘違いしていると思いますが、この脱毛症は、男性ホルモンが悪いのではなく、血中の5アルファリダクターゼという還元酵素が男性の薄毛を深刻なものにしているのです。

 

したがって、男性ホルモンは薄毛の原因ではありません。むしろ髪の毛の生成に必要不可欠なものなのです。

 

男性型脱毛症とは

 

男性型脱毛症とは、男性ホルモンであるテストステロンが血中の5αリダクターゼという還元酵素でジヒドロテストステロンに変換されます。そして髪の毛の毛根にある受容体と融合することで薄毛を発症してしまします。

 

男性型脱毛症の進行具合は、比較的ゆっくり進行していきますが、確実に薄毛になってしまいます。また薄毛が現れる箇所も生え際、頭頂部に集中しており、発症してから年数が経過するごとに薄毛からハゲ、範囲も広くなっていきます。

 

壮年性脱毛症とは

 

壮年性脱毛症は、男性型脱毛症とほぼ同じです。なぜ壮年性という呼び方が違うのかと言いますと、壮年性脱毛症とは男性型脱毛症の小カテゴリだと思っていただいたほうが良いです。

 

どういうことかといいますと、10代後半から30代に発症する脱毛症を若年性脱毛症、40代から50代にかけて発症する脱毛症を、壮年性脱毛症。これを総して男性型脱毛症と呼びます。

 

つまり、男性型脱毛症を発症、または、すでに症状が現れている年齢に分けた呼び方なのです。

 

脱毛症の人の為の薄毛対策

 

これら脱毛症は、つまり男性型脱毛症。この脱毛症を対策していくには、血中の5αリダクターゼと男性ホルモンの結合を阻止する。または、毛根に存在するセプレーターを除外する方法が有効です。

 

それには、男性型脱毛症の治療をしていくということになります。

 

方法としては、男性型脱毛症の専門治療機関、育毛剤などが方法として挙げられます。
また、髪の毛の成長に必要な男性ホルモンを増やすための治療や生活習慣の改善も必須となります。

 

50代で発症する薄毛の原因と対策

 

50代で発症してしまう薄毛には、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が低下して、髪の毛の生成が難しくなっていることがいえます。

 

男性ホルモンが低下すると、男性の更年期障害の可能性も否めません。

 

女性のように酷く発汗がある、睡眠障害に悩んでいる、精神的に不安定、性的機能が衰えたなどの症状がある場合は更年期障害の可能性があります。

 

また、50代後半では老人性脱毛症に移行することも考えると、早めの対策が必要となります。

 

びまん性脱毛症とは

 

びまん性脱毛症とは、女性に多い脱毛症で、特に女性の更年期に多く見られる脱毛症の一つです。男性も更年期障害を発症してしまったり、男性ホルモンが減少することで、女性のようなびまん性脱毛症に発症してしまいます。

 

特徴としては、髪の毛をつくる男性ホルモンの減少、体内に存在する女性ホルモンの減少によって、髪の毛のヘアサイクルが乱れ全体的に薄毛になってしまいます。
また、男性ということも相成って稀に男性型脱毛症のような薄毛を発症してしまうこともあります。

 

老人性脱毛症とは

 

老人性脱毛症とは、加齢による体の急激な衰えによって発症してします薄毛です。50代後半からは顕著にその徴候が見え始めます。筋力の低下、身長の萎縮、新陳代謝の鈍化、血行不良。

 

これらの症状からもわかるように、頭皮も老化をしていきます。そして薄毛を発症してしまいます。

 

老人性脱毛症の薄毛対策

 

50代から発症する薄毛は、更年期障害や老化現象が引き金となります。ここで大切なのは健康的な生活習慣です。体は50歳までは成長すると言われています。トレーニン次第では筋力も30代のように鍛えることができますし、男性ホルモンも70代までは増やすこともできます。

 

それらは、すべて健康的な生活習慣が関係しています。
つまり、生活習慣を意識的に改善し、適度な運動を加えることで薄毛を回避することが可能です。

 

50代の薄毛の原因と対策まとめ

 

50代というと歳だなとおもうのですが、今は人間の寿命も伸びて50代でも若くみえる人が多くいます。若くみえる人は裏で健康的になるような努力をしているといっても過言ではありません。
また、薄毛を発症しているのならば、育毛という努力も必要不可欠です。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking

関連ページ

薄毛やハゲは生活環境を改善すれば予防効果がある?
睡眠不足を改善すると薄毛が治る?薄毛回復と睡眠時間の関係
食生活の改善で薄毛にも効果あり!知っておきたい食事での薄毛対策
タバコをやめると薄毛対策になる?薄毛の原因とタバコの関係
薄毛は遺伝する?父方、母方からの遺伝と改善対策方法
亜鉛は取りすぎると薄毛に逆効果?亜鉛の薄毛改善効果について
ストレスが原因で薄毛になる?ストレスからくる薄毛と改善対策
髪質の変化は薄毛の前兆?髪が柔らかい人は注意が必要
どんな生活環境が薄毛に良いの?女性も必見の生活改善による薄毛対策
乾燥肌で薄毛の人はどんなシャンプーを使えば薄毛に効果があるの?
頭頂部の薄毛は血流が原因?血流障害がもたらす薄毛への影響
薄毛に育毛サプリメントは効果あるの?主な成分と薄毛改善への影響
お酒の飲み過ぎは薄毛に影響する?薄毛対策とアルコールの関係
発毛促進とは?育毛剤や育毛シャンプー・治療など効果があるのは?
薄毛に1番有効な手段は育毛剤、生活習慣?効果があるのはどれ!?
アメトークでも話題に!薄毛の芸人ってバービーさん以外に誰がいる?
薄毛の芸能人ってどんな方がいるの?男性と女性別にまとめてみた!
自分でもできる!シャンプーと肩こりマッサージで薄毛対策
薄毛を隠す粉末やスプレーの効果は?薬局で買える粉で対策する方法
栄養不足が原因で髪の毛が抜けるは本当?薄毛と栄養不足の関係
薄毛を隠すふりかけって何?!口コミで話題になった薄毛対策ふりかけ
薄毛とホルモンバランスの関係とは?ホルモン治療で薄毛は治る?
ストレッチが薄毛対策に効果的!髪の毛にいいストレッチ方法を紹介!
有酸素運動は薄毛対策に効果的!ウォーキングや水泳で薄毛改善!
強化できる!薄毛と抜け毛で悩む人がまず改善するべき事
眼精疲労と薄毛改善の関係!眼の疲れからくる薄毛の対策方法とは
ホホバオイルで頭皮ケアは薄毛改善効果あり?無印でも買える簡単ケア
夏の薄毛対策って?帽子だけじゃない!夏の過ごし方と注意点
薄毛対策にトリートメントやコンディショナーってどんな効果がある?
今すぐできる薄毛のお手入れの方法って?自分でも出来る7つの方法
iPS細胞で薄毛治療が出来る?!未来の薄毛改善方法と効果について
薄毛のレーザー治療って?女性も必見の薄毛改善効果
70代で薄毛の人ってどれくらい?男性も女性も必見の薄毛改善方法
40代で薄毛の人ってどれくらい?男性も女性も必見の薄毛改善方法
30代で薄毛の人ってどれくらい?男性も女性も必見の薄毛改善方法
20代で薄毛の人ってどれくらい?男性も女性も必見の薄毛改善方法
10代で薄毛の人ってどれくらい?男性も女性も必見の薄毛改善方法
育毛メソセラピーの薄毛改善効果とは?女性必見の治療方法について
貧血の人は薄毛になりやすいの?実際の症状と改善方法について
牛乳石鹸で洗髪は髪の毛に良い?薄毛への効果とメリット・デメリット
60代の薄毛とは?対策と原因