男性型脱毛症(AGA)の原因って?改善対策と治療方法

男性型脱毛症(AGA)の原因と対策

男性型脱毛症(AGA)の解説と対策

 

男性型脱毛症とは(AGA)とは

 

男性型脱毛症(AGA)とは、男性ホルモン(テストステロン)と、5αリダクターゼという還元酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変換して起きるものです。

 

男性型脱毛症は遺伝だと言われていますが、必ずしもそうとは限りません。

 

男性ホルモンについて

 

男性ホルモンとは、男性を男らしい、体つきに成功させたり、性欲などをつくるホルモンです。

 

男性ホルモンはステロイドホルモンと呼ばれ、そのなかの髪の毛や体のつくりに影響するのがテストステロンという分泌物です。

 

テストステロンは、男性ホルモンの中でも最も分泌量が多く男性の睾丸の中で生成されます。

 

生成されたテストステロンは、血液の中で5αリダクターゼと、酵素変換しジヒドロテストステロンとなります。

 

そのジヒドロテストステロンが体の各機関に送られ、そこで体の成長を促します。

 

体の中の各機関にはこのテストステロンを受け入れるための受容体が無数にあります。

 

その受容体とテストステロンが融合することで体の組織が作られていくのです。

 

しかし、酵素変換したジヒドロテストステロンは頭皮のヘアサイクルには悪影響を与えてしまいます。

 

頭皮の中の特に前頭部や頭頂部には、このようなジヒドロテストステロンを、受ける受容体が多く存在し、そこでジヒドロテストステロンと受容体が融合してしまうと、頭皮のヘアサイクルを乱してしまう事が男性ホルモンの欠点と言えるでしょう。

 

男性型脱毛症の原因

 

男性型脱毛症の原因はテストステロンが5αリダクターゼとの、酵素変換が原因となってヘアサイクルを見出し抜け毛になってしまっています。

 

しかし、5αリダクターゼとの酵素変換によってできた、ジヒドロテストステロンだけでは抜け毛はおきません。

 

たくさんの受容体と融合して始めて頭皮のヘアサイクルに影響を与えます。

 

さて、この受容体なのですが、頭皮の一体どのあたりにあるのでしょうか?

 

実はこの受容体は頭部全体に存在しますが、その中でもとりわけ多い箇所が、頭部の前頭部と頭頂部にたくさんの受容体が固まってあるのです。

 

そして、その受容体は髪の毛の毛根の中にある毛根細胞に存在します。

 

それらが融合してヘアサイクルの成長期を縮め、後退期から休止期を、早めてしまうことが男性型脱毛症の特徴と言えるでしょう。

 

最近の研究では、このジヒドロテストステロンよりもさらに強力な、デハイドテストステロンというあらたなテストステロンの発見もあります。

 

男性型脱毛症の対策はどうしたらいい?

 

男性型脱毛症を防ぐ有効な方法は、男性ホルモンの、分泌物テストステロンと5αリダクターゼの融合を防ぐことが言われています。

 

しかし完全に融合を防ぐわけではありません。

 

体の成長や男性の女性化といった問題が出てきます。

 

ここで言いたいのは、余計なジヒドロテストステロンがいらないと言っているわけです。

 

ジヒドロテストステロンは男性の誰でも持っているもので、ハゲる人とはげない人の差は、何かというと、この5αリダクターゼをたくさん分泌するかしないかなのです。

 

5αリダクターゼをたくさん分泌する人は、男性型脱毛症になりやすいと言っても良いでしょう。

 

これには個人差があります。ですからハゲる人とハゲない人に分かれてくるのです。

 

つまり、この5αリダクターゼの余分な分泌を防ぐことが男性型脱毛症を抑える治療方法の一つです。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking