粃糠性(ひこう性)脱毛症の原因って?改善対策と治療方法

粃糠性(ひこう性)脱毛症の原因と対策

粃糠性(ひこう性)脱毛症とは

 

粃糠性脱毛症とは、乾燥性のフケやかさぶたが原因で、脱毛症が発症してしまうものを言います。

 

粃糠性脱毛症の主な原因は、頭皮の湿疹による乾燥性の、フケやかさぶたが毛根を埋めてしまい、そのフケやかさぶたについた、真菌や雑菌が影響して髪の毛の毛根にダメージを、与えてしまい抜け毛を発症させているものだと言われています。

 

その主な原因は乾燥です。乾燥するフケやかさぶたの、原因となっているものには次のようなものがあります。

 

粃糠性脱毛症の原因

 

ホルモンバランス

 

人には男性ホルモンや女性ホルモンといった皮脂の分泌や、髪の毛の成長にかかせないホルモンがあります。

 

そのホルモンの分泌量やバランスが崩れることで、皮脂の分泌量が減ってしまい乾燥性の肌になってしまいます。

 

粃糠性脱毛症の場合、乾燥性のフケやかさぶたが原因ですので、皮脂の分泌が少ないと頭皮を守るものがなくなってしまい、こういった脱毛というトラブルが起きてしまいます。

 

生活環境

 

普段生活する環境にダニやほこりやカビなどの影響が、体に及んでしまうことで頭皮が荒れてしまいます。

 

特に毎日寝るときに使う枕などは注意が必要です。ダニやカビなどは頭皮を荒らしてしまいます。

 

また、普段の食事などの生活習慣にも注意が必要です。生活習慣が乱れることでホルモンバランスも乱れやすくなるため、

 

皮脂の分泌量にも大きく影響してしまい、頭皮環境を荒らしてしまう要因となります。

 

乾燥肌

 

乾燥肌は上記のようなことが原因で起きてしまうこともありますが、遺伝的要素も含まれる場合があります。

 

特に乾燥肌の人は肌バリア機能が低いため、ちょっとした、カビやダニやほこりや雑菌の影響を受けやすく、特に頭皮は常に乾燥性のかさかさしたフケが発生しやすい状態です。

 

また、頭皮にかゆみがある場合やお風呂に入って直ぐに、頭皮が痒くなるなどの症状がある場合は注意が必要です。

 

アトピー性皮膚炎

 

アトピーも乾燥肌の原因と似ていますが、主にアトピー素因の、遺伝的要素も大きく影響します。アトピー性皮膚炎は、不清潔な生活環境に置かれると悪化してしまうことが多く、特にカビやダニには注意が必要です。

 

またアトピー体質の方は、アレルギー反応を起こしやすく、皮膚へのさまざまな刺激に弱い肌質となっています。

 

アトピー性皮膚炎も肌バリア機能が低く、保湿力もないため外部からの、刺激には弱い肌質となっています。特に頭皮は、紫外線の影響も受けやすいため注意が必要です。

 

粃糠性脱毛症を防ぐには

 

粃糠性脱毛症を防ぐために自分でできることは、清潔な生活環境や正しい生活習慣を身につけなければなりません。

 

粃糠性脱毛症のほとんどの人が、乾燥性の肌質で、肌バリア機能も弱いため可能性のフケやかさぶたが、頭皮から大量に出てしまうことがあります。

 

この乾燥性のフケやかさぶたの大きさは、とても細かく毛根の奥まで入り込んでしまいます。

 

毛根の奥まで入り込んでしまったふけには、常在菌のマラセチアなども、一緒に入り込んでしまいますので、そこでマラセチアが、繁殖してしまうと抜け毛をより一層加速させてしまう恐れがあります。

 

粃糠性脱毛症を防ぐにはこういった生活習慣やお肌の保湿対策も必要になってきます。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking