M字型ハゲ・薄毛って?その前兆と原因、改善対策について

M字型ハゲの原因と対策

M字型ハゲとは、前頭部のこめかみ辺りから、髪の毛が抜けて後退していくことを言います。

 

丁度頭部を真正面から見て、Mの字に

 

見えることからM字型ハゲという名前がつきました。

 

M字型ハゲをハミルトン・ノーウッド分類で見てみると、男性型脱毛症の初期段階であることがわかります。

 

M字型ハゲの原因

 

M字型ハゲは、男性型脱毛症が主な原因とされています。

 

前頭部丁度おでこあたりの皮膚は固くて、毛細血管からの血流も悪くなりがちです。

 

そのため、十分な栄養を受けられなくて、ハゲてしまうという説もあります。

 

血液不足の前頭部は血液から流れる酸素も、受け入れる事ができなくなり、さらに頭皮の硬化につながってしまいます。

 

もう一つの理由に、髪の毛の毛包にある毛根に、男性ホルモンのテストステロンを受け入れる受容体(セプレーター)があるということが確認されています。

 

その受容体に5αリダクターゼと酵素変換したテストステロン、ジヒドロテストステロンがくっつくことで通常のテストステロンの約10倍もの影響を髪の毛に与えてしまいます。

 

それとプラスして、TGF-β1が強力に作用し、髪の毛の細胞死を促してしまいます。

 

TGF-β1とは、毛の成長を抑制する因子のことをいいます。

 

主に前頭部や頭頂部などの毛根に存在する受容体と、ジヒドロテストステロンの結合で生産される因子です。

 

また、それとは逆の性質をもつTGF-1という因子もあります。

 

この因子は主にヒゲや胸毛などで生成される因子です。

 

つまり、男性ホルモンのジヒドロテストステロンはこの受容体の、性質によって生み出されるTGF因子に左右されているということが言えます。

 

そして前頭部には抜け毛を促すTGF-β1が、生成されてしまうということがM字ハゲの原因となっています。

 

M字ハゲの対策方法方法

 

M字ハゲを防ぐ方法は男性ホルモンの酵素変換を抑えることです。

 

5αリダクターゼや毛髪にある毛根の受容体の数は、人それぞれ個人差がありますが、一貫していえることは、ハゲる人には5αリダクターゼや前頭部の受容体の数が明らかに多く存在します。

 

これを遺伝的要素だと捉えるのもわかりますが、そもそもそれらの酵素変換は普段の生活習慣の改善でも防げることができます。

 

規則正しい生活習慣に良い栄養素を摂るという食生活、十分な睡眠、十分な運動、ストレス発散などこれらを、改善するだけでもジヒドロテストステロンの抑制につながります。

 

また、体に悪いとされるタバコやお酒もやめてみると良いかもしれません。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking