若年性脱毛症(若ハゲ)の原因って?改善対策と治療方法

若年性脱毛症(若ハゲ)の原因と対策

若年性脱毛症とは

 

若年性脱毛症とは、10代の後半から30代前半の、比較的若いとされる年齢に起きる脱毛症のことを言います。

 

近年ではこういった薄毛の若年化や、更年期障害の男性化や若年化が深刻な問題となっています。

 

若年化のひとつの影響として、食生活が欧米化スタイルに、変化したことが例に挙げられますが、それ以外にも、日本人の生活習慣自体が変化し、ストレス社会を作
り出したことが原因ではないでしょうか。

 

若年性脱毛症の原因

 

若年性脱毛症は単発的な要因ではなく、あらゆる要素が、絡み合って複合的に頭皮に作用した結果、薄毛になってしまう事が言えます。

 

男性ホルモン

 

男性ホルモンの過剰分泌によって、頭皮環境に影響を与えることが考えられます。

 

冒頭にもお話したように食生活が欧米化するうちに、男性ホルモンのテストステロンの分泌量や5αリダクターゼ酵素の、分泌量が増えてしまい、頭皮のヘアサイクルの周期を、短縮してしまっている恐れがあります。

 

また、男性ホルモンが多く分泌するということは、頭皮にある皮脂の分泌量も過剰になりやすいため、余分な皮脂が髪の毛の成長の妨げになっていることが薄毛の原因として考えられます。

 

生活習慣、ストレス

 

受験や夜遊びなど夜更しをする年齢も若い時に多くあります。

 

そして十分な睡眠がとれないストレスや周りとの人間関係を、構築するためのストレスなど様々なストレスが大きくのしかかるのも、この時期に多いのではないでしょうか。

 

そういったストレスは、だんだん抱えられなくなると自律神経に負担をかけてしまいます。

 

自律神経は全ての体の分泌物や運動を司る中枢でもあります。

 

この自律神経がストレスによって乱れてしまうと、過剰に男性ホルモンや、5αリダクターゼを分泌してしまい、余分なジヒドロテストステロンが、薄毛を促進させてしまう恐れがあります。

 

遺伝

 

ハゲは遺伝という事が言われていますが、全てのハゲの人が遺伝というわけではありません。

 

しかし、5αリダクターゼの分泌が多い体質というのは個人差があります。

 

そこに遺伝的要素が絡んでいる可能性はあります。

 

若年性脱毛症を防ぐためには

 

若年性脱毛症は上記にもあるように様々な原因が考えられます。

 

また、それらが複合した結果若年性脱毛症を発症してしまっている可能性が高いでしょう。

 

なぜなら若い年齢ですから加齢が原因となる薄毛は考えにくいからです。

 

加齢が原因であれば、男性型脱毛症などの要素が大きくなると思うのですが、若いうちは体の各機関が成長している時期ですので、男性型脱毛症の原因単発ということは考えられません。

 

そうなると生活習慣やストレス、遺伝など様々な原因が合致してしまい、薄毛を引き起こしてしまっていることが言えます。

 

つまり、若年性脱毛症を防ぐには日頃の生活習慣を、見直すだけでも、ある程度の回復が見込めるわけです。

 

睡眠が足りていないのならば十分な睡眠をとり、栄養が偏っているのならば十分な栄養を摂るように努めれば、自然に若年性脱毛症は改善されていくかもしれません。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking