薄毛や抜け毛はハゲる前に対策を!薄毛対策ガイド.com【決定版】

薄毛の人におすすめのスタイリング対策男性編

薄毛さんもかっこよく見えるスタイリング

 

髪の毛が薄くなると、どうしてもスタイリングが上手く行かないことってありませんか?
そして、ついスタイリング剤をつけすぎて、ぺったんこテカテカみたいなことに。
スタイリングが上手いことで、薄毛を効果的に隠すことができるので、ぜひマスターしてほしい技術です。

 

そんなスタイリングの最も基本的なことをご紹介します。

 

ウェットが一番大切

 

朝起きたら必ずして欲しいのはウェットです。朝の寝ぐせはスタイリング剤だけではとれません。特に根本が潰れてしまっていては、いくらスタイリングをしてもカッコよく仕上げることができません。
上手い人は、必ず一度濡らしてからスタイリングに入ります。

 

ドライもウィットと同じくらい大切

 

一度濡らすと当然乾かします。その時に根本を意識しながらドライしていきましょう。
スタイリングは根本の立ち上がりがキモとなる部分です。根本が潰れてしまうと自然なボリュームがでなくなり、薄毛を目立たせてしまいます。
上手い人はこの下準備をしっかりと行います。

 

スタイリング剤はつけ過ぎないくらいが良い

 

よくスタイリング剤をたっぷり手に取る人がいますが、それはNGです。
スタイリング剤を使用すると髪の毛がまとまります。ということは量が多すぎると髪の毛がまとまりすぎて余計に薄毛を強調させてしまう結果に。

 

スタイリング剤の量は500円玉未満くらいで十分です。
手にとったスタイリング剤を指の間にも入るくらい、まんべんなく広げていきます。一箇所に固まってしまうと、髪の毛の一部分だけがつけすぎみたいな感じになってしまい、とても残念なヘアになることも。

 

毛束感をだして仕上げ

 

最後にスタイリング剤を髪の毛につけていきます。まずは後ろ髪からつけるようにしましょう。
つけ始めというのは、どうしてもスタイリング剤が多くついてしまいます。ですから髪の毛の多い後ろから徐々にサイド、トップ、前髪の順でつけていくようにします。

 

この時注意することが、毛先につけるということです。根本につけるとスタイリング剤の成分が頭皮に悪影響だったり、ドライヤーで立ち上げたボリュームを一瞬にして潰してしまいます。
最後に毛先をつまんで毛束感を出せば終了です。

 

薄毛の人におすすめのスタイリング対策男性編まとめ

 

朝時間がないのはみなさん同じです。でも10分早めに起きることで、薄毛を効果的に隠すことができれば苦にはならないはず。

 

スタイリング上手は薄毛隠しもお手のものです。

 

そしてスタイリングが上手いということはスタイリング剤による頭皮への負担も少ないのです。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking