薄毛を隠す方法はパーマやアレンジで髪型をアレンジするしかない?

薄毛を隠したい!方必見の対策方法

薄毛を隠す6つの方法

 

頭皮が薄くなったら、誰もが隠したいと思う薄毛。隠すといっても毎日被り物をして隠すわけにもいきません。
どうしたら効果的に薄毛が隠せるのか、薄毛を隠す6つの方法とその効果をご紹介していきます。

 

ヘアスタイルを変えてみる

 

髪型で薄毛を隠すのはとてもスタンダードな発想です。髪型ならば毎日不自然じゃなく薄毛を隠すことができます。
しかし、髪型といってもさまざまにありますので、その代表的なものをご紹介します。

 

カット

 

完全に薄毛を隠したいのならば、トップの毛が長めになるようなスタイル。
薄毛をぼかすのならば、全体的に短くしトップの毛は全体よりも少し長めにすることで薄毛がぼけます。

 

パーマ

 

強めのパーマをかけることで薄毛が隠せます。
強めのパーマをかけるときは、髪の毛が長くします。そしてウェーブにかけることで薄毛が隠せます。

 

カラー

 

基本的に髪の毛は短めにします。
髪の毛を明るめにカラーリングすることで、地肌と髪の毛の色の差がなくなり、薄毛を効率的に隠せます。

 

帽子をかぶる職業

 

帽子やヘルメットをかぶる仕事ならば薄毛を効果的に隠せます。帽子の下やヘルメットのしたからタオルを一枚頭に巻くことで、帽子やヘルメットをとっても薄毛がばれません。
しかし、かぶり物は蒸れなどで薄毛の原因となるので、頭皮ケアや育毛はしっかりした方がよいでしょう。

 

カツラをかぶる

 

カツラをかぶるという手もあります。
特に医療用カツラはサイズ調整や装着感、見た目の自然さにもこだわったものが多くあります。金額は少々高額になるのですが確実に薄毛を隠すことができます。
ただし、根本的な薄毛の解決にはなりませんので、並行して育毛は必要となります。

 

増毛で髪の毛の密度を増やす

 

ヘアサロンで増毛という手段もあります。直接頭皮に貼り付けるタイプから、もとある髪の毛に縫いこんでいくものまで種類はさまざまです。
しかし、残っている髪の毛が伸びてくると外れやすいという欠点があります。

 

 

植毛で髪の毛を増やす

 

植毛は自分の髪の毛を移植したり、人工毛を移植するものです。植毛で薄毛を隠すことが可能ですが、施術の時間や費用がかかってしまいます。しかし一度植毛をしてしまえば、後はケアするだけなので非常に手間いらずです。

 

薄毛を隠したい!方必見の対策方法まとめ

 

いかがでしたか?あなたにも簡単に効果的に薄毛を隠すことができる方法がありましたでしょうか。

 

薄毛は隠しているだけでは治りません。むしろいつかは酷くなり薄毛がバレてしまう時が必ずやってきます。

 

つまり、薄毛を隠すということは並行して育毛をすることが、将来的な安心につながるのです。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking