薄毛でもかっこいい髪型は?男性必見のソフトモヒカンやツーブロック

薄毛の人はどんなヘアスタイルで対策をするのが良い?

薄毛の人もかっこよく見える髪型の基本はトップの毛

 

薄毛が目立たない髪型を探しているうちに、2つの分かれ道に差し掛かります。
長めのスタイルで隠すか?それとも短めの髪型でぼかすのか?

 

どちらの方法も間違いではありません。自分のよいと思う髪型をチョイスしてもよいと思います。

 

ただし大切なのはトップの髪の毛。

 

トップの毛がサイドやバックの髪の毛よりも長いことが、薄毛の人に似合う髪型にするための基本条件です。

 

注意!髪型で薄毛は隠せても、薄毛は治せない!!

 

薄毛に似合う髪型をご紹介する前に注意点が一つ。

 

それは、いくら髪型でごまかしても、薄毛は治らないということ。

 

このことを心にとめて読み進んでください。

 

メンズ薄毛のスタイルメソッド

 

薄毛の場合、トップの髪の毛がサイドやバックの毛よりも長いことが前提で髪型を選びます。

 

男性の薄毛は、頭部の上半分が薄くなる傾向が強いです。
サイドやバックの髪の毛に長さがあると、トップよりも濃く見えてしまい、薄毛部分がより一層薄く見えてしまうからです。

 

つまり、濃く見えやすいサイドやバックの髪の毛をトップの長さよりも短くする必要があります。
短くする種類には刈り上げ、耳だし、などがあります。

 

また、長めに残すトップの髪の毛も、ある程度はカットしてもらいます。

 

あまりにも長すぎてしまうと、かえってぺったんこに見えてしまい、薄毛を強調してしまいます。
トップもカットすることで毛先の断面に厚みがでて、トップの薄さをカバーしやすくなります。

 

メンズ薄毛のヘアスタイル5選!

 

薄毛のメンズに似合う髪型を5パターンに分けてご紹介していきます。

 

刈り上げソフトモヒカン

 

サイドバックとも刈り上げてしまい、トップに長さを残すスタイルです。周りの濃さを刈上げで薄くするため、トップの薄毛が目立たなくなります。

 

 

刈り上げなしソフトモヒカン

 

刈り上げには抵抗があるという方には、耳だし程度の長さに短くカットして、そのバランスでトップをソフトモヒカン風にしていくスタイルです。
この場合、トップに長さが残ることで薄毛をカバーします。

 

ただし、刈り上げよりは伸びが早いため、マメなカットが必要となります。

 

ツーブロック

 

いわゆるかぶせと呼ばれるスタイルです。今とても流行っているスタイルですね。ツーブロックにすることでトップの髪の毛の長さを残し、サイドやバックを短く刈り込みます。

 

刈り上げの上からかぶる毛を長めにすると、サイドのボリュームは抑えられ、刈り上げている部分を隠すこともできます。

 

 

前おろしスタイル

 

トップや前髪を前に下すスタイルです。定番中の定番でお仕事にも影響しません。また、薄毛の症状次第では完全に薄毛が隠れてしまいます。

 

 

オールバックスタイル

 

最近はツーブロックにして、オールバックにすることが多いです。頭頂部やつむじの薄毛を隠すことができます。ただしスタイリング剤の粘着力が強力になるため、しっかりシャンプーで洗い流すことが必須です。

 

 

薄毛の人はどんなヘアスタイルで対策をするのが良い?まとめ

 

薄毛に似合う髪型はどれもトップの髪の毛をサイドやバックよりも少し長めにすることが大切です。

 

また、冒頭でも言いましたがスタイルで薄毛を目立たなくさせても、根本的な解決にはなりません。

 

そういった方は早急な育毛で対処していきましょう。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking