育毛剤には髪の毛を太くする効果はあるの?細毛の人も必見です!

育毛剤には髪を太くする効果もある

育毛剤には髪を太くする効果もあるの?

 

髪の毛を太くするということは育毛

 

髪の毛を太くしたり、髪の毛の密度を濃くすることを育毛といいます。ですから育毛剤で髪の毛が太くなるということは、育毛剤の本来の使命なのです。

 

つまり、育毛剤で髪の毛が太くなるというのは、至極当然のことなのです。では育毛剤がどのような仕組みで髪の毛が太くなるのかを説明していきます。

 

発毛と育毛の違い

 

薄毛や細毛、ハゲと分類できるように医療薬、例えば育毛剤、発毛剤、養毛剤など髪の毛の状態に合わせて使う薬剤もその症状によって違ってくるのです。

 

・薄毛や細毛に使用する薬剤

 

薄毛や細毛に使用する薬剤は育毛剤です。育毛剤とは頭皮の環境を整えて、髪の毛を太くし、成長を促します。

 

・ハゲや髪の毛の再生

 

ハゲというのは髪の毛が頭皮に見当たらなくなる症状のことを言います。しかし、毛根細胞は頭皮の中に残っていることから、休眠中の毛根細胞を活性させ再び髪の毛が伸びる、生えるようにすることを発毛といいます。そして、それに使われる薬剤が発毛剤と呼ばれるものです。

 

・養毛剤

 

養毛剤は、将来の薄毛や細毛、ハゲが心配だという方の予防薬、また、育毛剤や発毛剤を使うほどではないけれど、頭皮ケアはしておきたいというニーズに答えた薬剤を養毛剤といいます。

 

育毛剤の効果を今一度確認しておこう!

 

育毛剤の効果には次のような効果があります。

 

男性ホルモンの抑制

 

薄毛、細毛、ハゲの原因は総して男性ホルモンが原因である男性型脱毛症の可能性が非常に高いです。ですから男性ホルモンを抑制して薄毛を改善させる効果があります。

 

血行促進

 

髪の毛も、ほかの皮膚細胞と同じように血管から栄養や酸素を受けて育ちます。ですから血行を良くするということは髪の毛の成長に大きくかかわるのです。

 

頭皮環境を整える

 

植物はよく肥えた土壌から成長するように、髪の毛もよく肥えた頭皮から健康で太い髪の毛が育ちます。頭皮環境を整えるということはその理由と同じです。

 

頭皮に栄養を補給する

 

髪の毛の栄養素をすべて食べ物から吸収するのは困難です。ですから育毛剤に含まれる栄養素から直接毛根に栄養を補給し髪の毛の成長を助けます。

 

これらが総合的に含まれているのが育毛剤というわけです。

 

発毛剤はこのうちの、血行促進に特化しており、養毛剤は頭皮環境を整える効果や栄養補給といった内容に特化しています。

 

 

細毛の原因

 

細毛になる原因には次のようなものがあります。

 

生活習慣の乱れ

 

生活環境が乱れることで、髪の毛が細く痩せてしまいます。特に影響するのは食生活や睡眠です。
食事に含まれる栄養素の偏りで髪の毛に必要な栄養分が吸収できず、薄毛や細毛になってしまいます。

 

次に睡眠も薄毛や細毛の原因の一つです。睡眠中に分泌する成長ホルモンや甲状腺ホルモンは髪の毛の成長にかかわります。睡眠不足はそのホルモンの分泌を妨げてしまうのです。

 

ストレス

 

ストレスをためてしまうことで、体を正常に機能させようと脳下垂体から副腎へ各ホルモン分泌のために刺激ホルモンが分泌されます。

 

そして、命令を受けた副腎からは各ホルモンが体を安定させるために分泌されるのですが、そこには男性ホルモンであるテストステロンも含まれており、テストステロンが多く分泌されると薄毛や細毛の原因となってしまいます。

 

 

運動不足

 

過度の運動不足は体の老化を速めてしまいます。年齢とともに基礎代謝も落ちていきます。さらに運動不足によって代謝率も非常に悪くなり、薄毛や細毛の原因となってしまうのです。

 

加齢

 

年を重ねると新陳代謝の鈍化や、ホルモンバランスの崩れが原因となり薄毛や細毛を発症してしまいます。
また、男性の場合男性ホルモンと5α還元酵素の還元率が向上してしまうことで薄毛や細毛の原因となります。

 

 

間違ったヘアケアや薬剤によるダメージ

 

間違った頭皮ケアやパーマやカラーリングなどの薬剤による髪の毛のダメージが影響して細毛になってしまいます。この頻度が高くなると薄毛を発症する可能性も高まります。

 

・環境によるダメージ

 

環境によるダメージとは季節的な要因のことを言います。特に紫外線の強い夏場などは、髪の毛がダメージしやすく、また頭皮にも影響します。

 

 

細毛になるメカニズム

 

細毛になるメカニズムについてです。通常時の髪の毛から細毛になっていくまでの過程をご説明します。

 

ここでは、男性型脱毛症を例にあげて説明します。

 

男性型脱毛症に発症してしまうことで細毛になります。細毛のうちは男性型脱毛症の初期症状だと思っていただいたほうが良いでしょう。

 

男性ホルモンであるテストステロンが上記の理由、生活習慣やストレス、運動不足などによって大量に分泌されます。また、10代から20代にもテストステロンは多く分泌されます。

 

この男性ホルモンが多く分泌することで、髪の毛の核である毛根細胞にある5αリダクターゼという酵素と融合します。この確率は男性ホルモンの分泌量が多ければ多いほど融合する可能性も高くなります。

 

そして、融合して酵素変換ことでジヒドロテストステロンというテストステロンの10倍の男性ホルモン作用のあるホルモンに変換されます。このジヒドロテストステロンが毛根細胞の受容体と融合することでヘアサイクルが乱れます。

 

ヘアサイクルの乱れに髪の毛の後退期から休止期があり、細毛はそのうちの後退期にはいります。

 

後退期に入ることで、髪の毛に栄養素が行き渡らなくなり、細毛から薄毛最終的にハゲという経路をたどります。

 

これが細毛になるメカニズムです。つまり、今細毛で悩んでいる男性は将来的に男性型脱毛症の中期から後期に進む可能性が高いと言えるでしょう。

 

 

細毛の具体的な対策

 

男性型脱毛症を例えて説明しましたが、今回も男性の発症率の高い男性型脱毛症を対象に説明します。細毛を改善するのに大切なのは生活習慣の改善と育毛剤選びです。

 

生活習慣の改善

 

生活習慣の改善は主に食生活と睡眠です。この両者は髪の毛と密接に関わります。食生活を改善することで髪の毛に必要な栄養素の吸収やその他臓器の健康維持に効果的です。髪の毛の栄養はわかるが、臓器は髪の毛となんの関係が?と思うかもしれませんので説明しておきます。

 

臓器などは血液と大きく関係します。例えば胃が悪いことで栄養の分解が困難になります。分解が不完全なまま腸へ運ばれると腸で栄養素の吸収が難しくなってしまいます。栄養は腸から吸収されて血液へ運ばれその後肝臓へ行き毒素を分解して各種臓器に配られるシステムです。

 

ですから、食べ物を吸収するための最初の消化器官である胃が悪いことは全の流れを悪くしてしまうのです。また腸も悪玉菌が多くなると栄養の吸収率が悪くなりますし、肝臓や腎臓も血液の毒素の分解などを担います。

 

このように食生活における重要さは髪の毛に血液がたどり着くまでのプロセス全てに関係があるのです。

 

 

睡眠

 

睡眠不足も髪の毛に悪影響を及ぼします。睡眠不足によって各種ホルモンの分泌が妨げられてしまいます。眠気を誘い出すメラトニンが分泌した時に寝たほうがよいです。ここで無理をして起きてしまうとメラトニンの分泌量が減り成長ホルモンなどの髪の毛に必要なホルモン物質の分泌を妨げます。

 

つまりメラトニンが成長ホルモンや甲状腺刺激ホルモンの分泌の合図だと思っていただければよいでしょう。
睡眠を十分に取ることで成長ホルモンや甲状腺ホルモンなどが体の細胞分裂を促します。ホルモンとはつまり細胞を動かす成分ということです。

 

ですから十分な睡眠をとり髪の毛の細胞分裂による成長を促してあげることが細毛改善の一つの方法となります。

 

 

育毛剤選び

 

次に重要なのは育毛剤選びです。育毛剤には髪の毛に必要な様々な成分が含まれています。その成分を見ていきましょう。

 

 

細毛を太くする育毛成分

 

血管拡張成分

 

血管を拡張して血行を良くする成分です。血管が縮まってしまうと血行が悪くなり、十分な血液が頭皮にある毛細血管を流れません。そうなると髪の毛は酸欠や栄養不足になってしまいます。ですから髪の毛の細毛には血管をひろげ血行を良くする成分が必要なのです。

 

 

男性ホルモン抑制成分

 

男性の細毛や薄毛は男性ホルモンが悪玉男性ホルモンとなり、男性型脱毛症を発症してしまうことで起きてしまいます。
この男性ホルモン抑制成分には、男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼの酵素変換を阻止する効果があります。

 

 

細胞分裂促進成分

 

髪の毛が細いということは細胞分裂、つまり成長が著しく遅い、または成長が止まってしまっている可能性が高いです。

 

これは頭皮の細胞分裂や毛髪の細胞分裂のことを言います。両者とも細胞分裂が鈍化することで髪の毛が細くなってしまいます。この成分の特徴は頭皮の細胞分裂を促し健康的な頭皮環境や髪の毛を育てる効果があります。

 

 

栄養成分

 

細毛の理由の一つに栄養不足が考えられます。いくら食生活を正しても、髪の毛に有効な栄養素を十分吸収出来ているのかというと、そうともいえません。
髪の毛に有効な栄養素の中には、外部からでしか吸収できないものもあります。つまり体の中で製造できないも栄養素を育毛剤を使って直接頭皮から吸収するということです。

 

育毛剤には髪を太くする効果もあるまとめ

 

髪の毛を太くするということは、育毛剤の主目的なのです。ですから結論は、育毛剤を使うことで髪の毛は確実に太くなります。
そして、丈夫な髪の毛に育つことでしょう。

 

 

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking

関連ページ

お金がない人は安い育毛剤を使ってもいいの?薄毛対策の効果って?
薄毛と毛母細胞の関係って?育毛剤を使うことで育毛効果はあるの?
育毛剤によって頭皮にかゆみが出るのは何故?かゆくない育毛剤って?
育毛剤の副作用の原因と種類って?薄毛対策効果と関係はあるの?
育毛剤を使うと勃起しなくなったり性機能への副作用や影響がある?
サラサラで柔らかい髪が生えてくる育毛剤はどんな商品を選べばいい?
育毛剤の効果って医学的な根拠があるの?医薬部外品って?
育毛剤を使う前に坊主にすれば薄毛改善効果がアップするってホント?
育毛剤はシャンプーの前と後どっちに使った方が薄毛改善に効果的?
薄毛で髪の毛の量を増やしたい人はどんな育毛剤を使うのが効果的?
円形脱毛症に効果のある育毛剤って?治療するのとどちらがいいの?
育毛シャンプーは育毛剤と一緒に併用すると薄毛改善に効果的?
育毛剤をつけるタイミングって?薄毛改善に効果がある使用方法とは
薄毛が気になる部分によって育毛剤の選び方は変わる?効果の違いは?
男性用育毛剤と女性用育毛剤の違いって?成分や効果の違いって?
育毛剤を使うと毛根や髪の毛に痛みは出る?薄毛への影響は?
頭皮乾燥を防ぐのにも育毛剤は使える!乾燥肌の方必見のヘアケア方法
同じ種類の育毛剤をずっと使い続けていると薄毛対策効果は低くなる?
自分に合わない育毛剤を使っても改善効果はない?薄毛への悪影響とは
育毛剤と養毛剤って何が違うの?薄毛への効果や成分、副作用の違い
育毛剤バイタルチャージの薄毛改善効果と口コミ・評判
Deeper3D【ディッパー】の薄毛改善効果と口コミ・評判
育毛剤には白髪予防効果はあるの?
育毛剤は医療費控除の対象になるのか?確定申告前に知っておこう!
発毛効果のある育毛剤って?育毛タイプと発毛タイプの効果の違いとは
育毛剤に含まれる有効成分って?血行促進や薄毛改善効果があるのは?
育毛剤を使うと髪の毛が早く伸びる効果もある?
育毛剤は併用してもいいの?薄毛改善効果への影響と副作用
育毛剤の種類はどんなタイプがある?医薬品と部外品から効果の違い等
育毛剤を使うのをやめると髪の毛はどうなる?ハゲるのか心配な方へ
産後の薄毛に備えて妊娠中に育毛剤を使ってもいいの?効果と副作用
育毛剤は朝・昼・晩いつ使うのがいい?1番効果的なタイミングとは
フケが出なくなる育毛剤はどんな種類の育毛剤?
育毛剤は本当に毛が生えるのか?現役美容師が根拠と成分を元に解説!
育毛剤は薄毛予防になるのか?将来に備えて今からできる薄毛対策