育毛剤に含まれる有効成分って?血行促進や薄毛改善効果があるのは?

育毛剤に主に含まれる主な有効成分について

育毛剤に主に含まれる成分とは?

 

育毛剤の使用用途で成分が変わる

 

育毛剤の主成分は、その用途によって変わります。例えば、髪の毛が全くない頭皮から髪の毛を生やしたいというときは、発毛力のある育毛成分が必要。

 

次に細毛、薄毛を丈夫にしたいというのであれば、髪の毛を育てるための栄養素豊富な成分が必要になります。

 

このように育毛成分は、その使用用途によって主成分が異なってきます。
自分にあった育毛成分を見つけるためには、自分の今の状態を把握しておかなければいけません。

 

育毛剤の使用用途別で種類と効果を紹介

 

1 発毛を主な目的とした育毛成分

 

血管を拡張して髪の毛の発毛を促します。髪の毛は血液から栄養を受けて成長します。また、血液には酸素やタンパク質、ホルモンなどの髪の毛を成長させる必要な栄養素が含まれているため、血管が収縮して血行が悪くなると髪の毛が成長しづらい、もしくは発毛ができなくなってしまいます。

 

・血管拡張に使われている主な成分・

 

医薬品 

 

ミノキシジル

 

医薬部外品

 

M-034(天然ミネラル成分)キャピキシル、トウガラシエキス、ごま油、ハッカ油、イチョウエキス、エビネエキス、ジオウエキス、セファランチン、センブリエキス、カミツレエキスなど

 

2 男性型脱毛症を抑えることを目的とした育毛成分

 

男性型脱毛症の主な原因は、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと酵素変換し、それがアンドロゲン受容体と統合することで発症してしまいます。

 

男性ホルモンを抑制する効果のある成分を使用することで、薄毛の原因の元を断ち切り男性型脱毛症を改善させます。

 

注意点

 

血管拡張成分は、その名の通り血管を拡張し血行を促進します。気をつけなければならないのが、低血圧の方です。

 

血管が拡張されることで血圧が下がりますから、低血圧の方が使用することでより血圧が低下する恐れがあります。

 

 

・男性ホルモン抑制成分種類・

 

医薬品

 

フィナステリド

 

医薬部外品

 

エチニルエストラジオール、フラボステロン、エストラジオール、オオバナサルスベリエキス、ソウハクヒ、シモツケソウエキス、キナエキス、キウイエキス、オウゴンエキスなど

 

注意点

 

男性ホルモンを抑制することで性的欲求が衰退する可能性があります。

 

3 髪の毛を育てる育毛を目的とした育毛成分

 

髪の毛はあるが、細毛や薄毛という頭皮環境に適しています。また、この成分は発毛成分と同時に使用することで、それぞれの効果を高めます。

 

細毛や薄毛というのは、髪の毛の栄養が不足しています。ですから栄養補給の意味でこれらの成分を使用します。栄養を外部から摂ることで頭皮や髪の毛の細胞分裂を活性化させ育毛を促進します。

 

・栄養補給成分・

 

医薬部外品

 

ビタミン類、ポリリン酸、ケラチンタンパク質、にんにくエキス、発酵エキス、アラニン、セリン、各種アミノ酸、亜鉛など

 

注意点

 

これらの成分は塗るタイプや直接服用するサプリメントにも含まれています。サプリメントタイプは過剰摂取することで、中毒の危険もあるため、一日の使用量を守って使いましょう。

 

4 頭皮ケアを目的とした育毛成分

 

頭皮をケアすることに特化した成分です。例えば、頭皮の湿疹や乾燥といった頭皮環境を整えるための成分です。

 

薄毛の原因には様々な脱毛症があります。その中の一つに脂漏性脱毛症というのがあり、頭皮の皮脂や常在菌によって頭皮環境が荒れてしまい抜け毛を発症させてしまいます。これらの脱毛症を防ぐための育毛成分です。

 

・頭皮ケア成分・

 

抗脂漏成分

 

頭皮の皮脂を過剰に分泌しないように抑える成分です。

 

ビタミンB6、カシュウ、イオウ、ワカメエキス、フダイコンエキス、アマモエキスなど

 

消炎性分

 

頭皮の炎症や湿疹を抑える成分です。

 

グリチルリチン酸2k、エビネエキス、アロエエキス、ラベンダーエキス、オウゴンエキス、クララエキス、ビワ葉エキス、トウガラシチンキなど

 

抗菌成分

 

頭皮環境によって過剰に増えすぎた常在菌や雑菌を抗菌、殺菌する成分です。

 

塩酸クロルヘキシジン、サンショウエキス、ヒノキチオール、オウゴンエキス、茶エキス、セイヨウオトギリソウエキスなど

 

抗酸化成分

 

抗酸化成分は頭皮で活性酵素の活動を抑制し、頭皮老化を抑える効果があります。

 

ヨーロッパブナエキス、ワレモコウエキス、ニコチン酸アミド、オタネニンジンエキス、ザクロエキスなど

 

角質溶解成分

 

角質溶解とは頭皮の角質を柔らかくしてフケを抑えたり、フケが毛根に入り込むのを予防する成分です。

 

サリチル酸、乳酸、ポップエキス、エビネエキスなど

 

成分による薬事分類

 

次に育毛剤に含まれる主成分で医薬品分類されている成分について解説します。
医薬品に含まれる成分は確かに育毛の効果が国に認められています。

 

ただし、なぜ医薬分類なのかというと、副作用のリスクがあるからです。
副作用がある医薬品は、医者か薬剤師の直接の説明が必要となっています。

 

・フィナステリド

 

男性ホルモン抑制に効果がある成分です。副作用としては吐き気、動悸、性欲減退、などがあります。

 

また、妊娠中、授乳中、男児にはフィナステリドは禁忌とされており特に男児の性機能障害に重大な悪影響を及ぼします。

 

・ミノキシジル

 

ミノキシジルは、もともと高圧剤として使用されていました。ミノキシジルを使用した患者さんから副作用で体毛が濃くなったことから育毛成分として改良されたのがミノキシジルを主成分とした育毛剤です。

 

ミノキシジルは、もともと高血圧の方の高圧剤ですから、低血圧の方や、心臓病などの障害がでる可能性があります。
使用する際は医者や薬剤師に相談の上ご使用ください。

 

・塩化カルプロニウム

 

塩化カルプロニウムは、消化器官の改善などに使用されていた成分で、現在では薄毛や発毛促進にも使われています。

 

胃腸の働きを改善し自律神経のバランスを調整し、胃腸の働きを改善する効果に加え、皮膚の血管を拡張し、発毛を促す作用もあります。

 

内服薬による副作用は、発汗、下痢、嘔吐、吐き気、胸焼け。外用薬による副作用は、発汗、刺激、熱感、過敏症を発症する恐れがあります。

 

育毛剤に主に含まれる主な有効成分についてまとめ

 

育毛剤を選ぶときは、どの成分が自分にあっているのかを見極めなければなりません。その場合、自分の症状がどのような状態なのかを知り、適切な判断ができるようになったら育毛剤を検討してみても良いでしょう。

 

ただし、育毛剤はあくまで補助的なものであって、薄毛の改善には日頃の生活習慣などの改善が必要になります。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking

関連ページ

お金がない人は安い育毛剤を使ってもいいの?薄毛対策の効果って?
薄毛と毛母細胞の関係って?育毛剤を使うことで育毛効果はあるの?
育毛剤によって頭皮にかゆみが出るのは何故?かゆくない育毛剤って?
育毛剤の副作用の原因と種類って?薄毛対策効果と関係はあるの?
育毛剤を使うと勃起しなくなったり性機能への副作用や影響がある?
サラサラで柔らかい髪が生えてくる育毛剤はどんな商品を選べばいい?
育毛剤の効果って医学的な根拠があるの?医薬部外品って?
育毛剤を使う前に坊主にすれば薄毛改善効果がアップするってホント?
育毛剤はシャンプーの前と後どっちに使った方が薄毛改善に効果的?
薄毛で髪の毛の量を増やしたい人はどんな育毛剤を使うのが効果的?
円形脱毛症に効果のある育毛剤って?治療するのとどちらがいいの?
育毛シャンプーは育毛剤と一緒に併用すると薄毛改善に効果的?
育毛剤をつけるタイミングって?薄毛改善に効果がある使用方法とは
薄毛が気になる部分によって育毛剤の選び方は変わる?効果の違いは?
男性用育毛剤と女性用育毛剤の違いって?成分や効果の違いって?
育毛剤を使うと毛根や髪の毛に痛みは出る?薄毛への影響は?
頭皮乾燥を防ぐのにも育毛剤は使える!乾燥肌の方必見のヘアケア方法
同じ種類の育毛剤をずっと使い続けていると薄毛対策効果は低くなる?
自分に合わない育毛剤を使っても改善効果はない?薄毛への悪影響とは
育毛剤と養毛剤って何が違うの?薄毛への効果や成分、副作用の違い
育毛剤バイタルチャージの薄毛改善効果と口コミ・評判
Deeper3D【ディッパー】の薄毛改善効果と口コミ・評判
育毛剤には白髪予防効果はあるの?
育毛剤には髪の毛を太くする効果はあるの?細毛の人も必見です!
育毛剤は医療費控除の対象になるのか?確定申告前に知っておこう!
発毛効果のある育毛剤って?育毛タイプと発毛タイプの効果の違いとは
育毛剤を使うと髪の毛が早く伸びる効果もある?
育毛剤は併用してもいいの?薄毛改善効果への影響と副作用
育毛剤の種類はどんなタイプがある?医薬品と部外品から効果の違い等
育毛剤を使うのをやめると髪の毛はどうなる?ハゲるのか心配な方へ
産後の薄毛に備えて妊娠中に育毛剤を使ってもいいの?効果と副作用
育毛剤は朝・昼・晩いつ使うのがいい?1番効果的なタイミングとは
フケが出なくなる育毛剤はどんな種類の育毛剤?
育毛剤は本当に毛が生えるのか?現役美容師が根拠と成分を元に解説!
育毛剤は薄毛予防になるのか?将来に備えて今からできる薄毛対策