育毛剤は薄毛予防になるのか?将来に備えて今からできる薄毛対策

育毛剤は薄毛予防になるの?

育毛剤で薄毛予防

 

将来薄毛が心配だ、家族や親類に薄毛の人がいて自分も将来薄毛にならないか心配
だ。

 

そういった悩みがある人は薄毛予防を考えるでしょう。
そこで思いつくのは、育毛剤ではないでしょうか。

 

果たして、育毛剤が薄毛予防にも効果があるのか?

 

薄毛予防にも効果のある、育毛剤の説明をしてきます。

 

 

薄毛を予防できる育毛剤の種類

 

薄毛を予防するには3つの効果がある育毛剤が好ましいです。
その効果とは、どのようなものかを説明いたします。

 

・血行促進

 

血行促進とは、血管を拡張して血液の流れを良くする成分のことをいいます。

 

頭皮にある髪の毛は、血液から栄養を貰い受けて細胞分裂を繰り返し成長します。
血行が悪いことで、髪の毛が細くなり痩せてしまって抜け毛の原因となってしまいます。

 

育毛剤に含まれる、血管拡張作用のある成分を使って血行をよくし薄毛を予防します。

 

 

・頭皮環境を整える

 

頭皮の状態が悪いことで、薄毛になる可能性が高くなります。
頭皮の環境整えると言う事は、将来の薄毛予防にもつながるのです。

 

頭皮の環境整えるということを具体的に説明すると、古くなった皮脂の除去、頭皮代謝の際発生する角質が古くなり酸化するのをを防ぎます

 

また、頭皮の余分な皮脂の分泌を防いで頭皮環境を改善します。

 

・栄養補給

 

普段の食事からは、どうしても頭皮に必要な栄養が不足になってしまいます。足りなくなった頭皮の栄養をを育毛剤から補給します。

 

頭皮に必要な栄養とは、亜鉛などのミネラル分、ビタミン類、タンパク質などがあります。
これらの栄養を食事から全て摂るのは難しいので、育毛剤から効率よく補給してきます。

 

薄毛を予防できる育毛剤の成分と効果

 

上記のことも踏まえ、薄毛予防に有効な成分と効果を説明します。

 

・血管拡張成分

 

血管拡張成分とは、血管を広げ血の流れをスムーズにする効果があります。
血液の流れが良くなることで髪の毛の成長が保たれ薄毛予防になります。
血管拡張成分に使われている生薬とは次のようなものがあります。

 

トウガラシチンキ、ショウガエキス、エビネエキスなど。

 

・頭皮環境改善成分

 

頭皮の環境整え、健康な髪の毛が成長するように整えます。頭皮の環境を整えるためには次のような成分が必要です。

 

・抗脂漏成分

 

この成分は、皮脂の過剰な分泌を防ぎます。

 

チオキソロン、ビタミンB6、ワカメエキス、カシュウ成分など

 

・保湿成分

 

頭皮の保湿力を向上させバリア機能を高めます。

 

ヒアルロン酸、オタネニンジンエキス、ゆずエキス、など

 

・消炎成分

 

頭皮の炎症を防ぎ、炎症による脱毛症を予防します。

 

グリチルリチン酸2k、エビネエキス、シラカバエキス、クララエキスなど

 

・抗菌成分

 

常在菌の異常繁殖や雑菌から頭皮を守ります。

 

参照エキス、ヒノキチオール、ユーカリエキス、ドクダミエキスなど

 

・角質溶解成分

 

フケの原因となる角質を溶かし、頭皮をきれいに保ちます。

 

サリチル酸、レゾルシン、ホップエキス、サリチル酸など

 

・抗酸化成分

 

角質や皮脂の酸化を防ぎ頭皮環境を最適に保ちます。

 

ニコチン酸アミド、ヨーロッパブナエキス、ワレモコウエキス、ザクロエキスなど

 

・頭皮代謝活性成分

 

頭皮の代謝を高め、髪の毛の成長を促進します。

 

クロロフィル、クロレラエキス、酵母エキス、パントテン酸など

 

 

育毛剤を使うときの注意点

 

育毛剤を使用して薄毛予防をするときに気を付けたいのが、医薬品と医薬部外品の違いです。

 

医薬品とは、国の認めた育毛成分を含んでおり、その種類はフィナステリド、ミノキシジル、カルプロニウム塩化物があります。

 

これらの成分は、副作用の危険性や初期脱毛もありますので、予防目的の育毛成分には向いていません。

 

つまり、医薬品は薄毛予防には向いていないということです。ここで代表的な育毛剤は、プロペシア(フィナステリド)、リアップ(ミノキシジル)、カロヤン(カルプロニウム塩化物)です。

 

医薬部外品に分類されている育毛剤は、薄毛予防に使用できるものもあります。
その場合、男性ホルモンの抑制成分を除いた育毛剤が望ましいです。

 

男性ホルモン抑制に使われている育毛成分とは、エチニルエストラジオール、キナエキス、オウゴンエキス、イソフラボン、オオバナサルスベリエキスなどです。

 

これら以外は、薄毛の予防にも適した成分ですから心配はいりません。

 

育毛剤は薄毛予防になるの?まとめ

 

薄毛予防で一番大切なのは、日頃の生活習慣です。生活習慣が乱れていては、いくら薄毛を育毛剤で予防しても効果が半減してしまいます。

 

ですから、生活習慣の改善とこういった育毛剤を合わせることで、将来の薄毛予防になるのです。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking

関連ページ

お金がない人は安い育毛剤を使ってもいいの?薄毛対策の効果って?
薄毛と毛母細胞の関係って?育毛剤を使うことで育毛効果はあるの?
育毛剤によって頭皮にかゆみが出るのは何故?かゆくない育毛剤って?
育毛剤の副作用の原因と種類って?薄毛対策効果と関係はあるの?
育毛剤を使うと勃起しなくなったり性機能への副作用や影響がある?
サラサラで柔らかい髪が生えてくる育毛剤はどんな商品を選べばいい?
育毛剤の効果って医学的な根拠があるの?医薬部外品って?
育毛剤を使う前に坊主にすれば薄毛改善効果がアップするってホント?
育毛剤はシャンプーの前と後どっちに使った方が薄毛改善に効果的?
薄毛で髪の毛の量を増やしたい人はどんな育毛剤を使うのが効果的?
円形脱毛症に効果のある育毛剤って?治療するのとどちらがいいの?
育毛シャンプーは育毛剤と一緒に併用すると薄毛改善に効果的?
育毛剤をつけるタイミングって?薄毛改善に効果がある使用方法とは
薄毛が気になる部分によって育毛剤の選び方は変わる?効果の違いは?
男性用育毛剤と女性用育毛剤の違いって?成分や効果の違いって?
育毛剤を使うと毛根や髪の毛に痛みは出る?薄毛への影響は?
頭皮乾燥を防ぐのにも育毛剤は使える!乾燥肌の方必見のヘアケア方法
同じ種類の育毛剤をずっと使い続けていると薄毛対策効果は低くなる?
自分に合わない育毛剤を使っても改善効果はない?薄毛への悪影響とは
育毛剤と養毛剤って何が違うの?薄毛への効果や成分、副作用の違い
育毛剤バイタルチャージの薄毛改善効果と口コミ・評判
Deeper3D【ディッパー】の薄毛改善効果と口コミ・評判
育毛剤には白髪予防効果はあるの?
育毛剤には髪の毛を太くする効果はあるの?細毛の人も必見です!
育毛剤は医療費控除の対象になるのか?確定申告前に知っておこう!
発毛効果のある育毛剤って?育毛タイプと発毛タイプの効果の違いとは
育毛剤に含まれる有効成分って?血行促進や薄毛改善効果があるのは?
育毛剤を使うと髪の毛が早く伸びる効果もある?
育毛剤は併用してもいいの?薄毛改善効果への影響と副作用
育毛剤の種類はどんなタイプがある?医薬品と部外品から効果の違い等
育毛剤を使うのをやめると髪の毛はどうなる?ハゲるのか心配な方へ
産後の薄毛に備えて妊娠中に育毛剤を使ってもいいの?効果と副作用
育毛剤は朝・昼・晩いつ使うのがいい?1番効果的なタイミングとは
フケが出なくなる育毛剤はどんな種類の育毛剤?
育毛剤は本当に毛が生えるのか?現役美容師が根拠と成分を元に解説!