発毛効果のある育毛剤って?育毛タイプと発毛タイプの効果の違いとは

発毛効果のある育毛剤ってどんな育毛剤?

発毛効果のある育毛剤ってどんな育毛剤?

 

 

育毛剤のタイプには発毛と育毛がある

 

発毛効果のある育毛剤を選ぶということは、髪の毛が消失してしまっていて、ハゲの状態になっているもしくは、薄毛がひどい場合に選びます。

 

髪の毛が頭皮表面から消失していても、実は消失しているように見えるだけで、頭皮の中、真皮には、髪の毛の核である毛根細胞がちゃんと存在するのです。

 

その眠っている毛根細胞に刺激を送り活性することで、髪の毛が再び頭皮表面に現れる効果のある育毛剤を発毛剤とも呼んだりします。

 

発毛とは

 

消失している髪の毛を再び復活させる効果を発毛といいます。頭皮の中間層にある真皮には髪の毛の核である毛根が存在し、男性型脱毛症などの影響を受けて髪の毛が成長をやめてしまっても、頭皮の真皮には眠った毛根がたくさん存在するのです。

 

その毛根細胞を再活性化させるには、毛根に命令をだすための成分が必要です。通常ですと体の中にある成長因子などが育毛命令を出すのですが、脱毛症の影響を受けている頭皮には、この成長因子が不足していることがいえます。

 

また、非成長因子の存在もあり、単独で発毛することが難しくなっている状態です。
そんな頭皮に、次のような成分が育毛命令を出すのに有効だとされています。

 

発毛効果のある成分とその作用

 

ミノキシジル

 

ミノキシジルは、もともと血管拡張剤として開発され高血圧症の降圧剤として使用されていました。降圧剤の副次的作用から髪の毛が入ってくる効果があり、育毛剤として再開発されました。

 

現在では国の推奨する育毛成分の一つで、医薬品指定されています。医薬品に指定されてるということは、副作用のリスクもあり、血圧に異常のある方や心臓疾患などもっている方は医師の相談が必要です。

 

塩化カルプロニウム

 

塩化カルプロニウムもミノキシジルと似た効果があります。しかし、ミノキシジルよりは発毛効果が弱くなってしまいます。その分副作用も弱くなります。

 

 

M-034

 

M‐034は天然の海藻から抽出されたエキスのことを言います。この成分はミノキシジルと同等の効果があるという検証データがあります。
さらに、副作用がほとんどありません。この成分は今最も注目されている育毛成分の一つです。

 

バイオポリリン酸

 

バイオポリリン酸とは、酵母エキスすなわち保湿成分となるものですが、その成分が髪の毛の毛根細胞を刺激し育毛を促す効果があります。しかし本質的な効果は保湿作用になりますので本当に発毛するのかが疑問です。

 

キャピキシル

 

キャピキシルは、比較的新しい天然由来成分でミノキシジルと同等以上の効果があり副作用が非常に少ないといわれる成分です。アカツメクサハナエキス、アセチルテトラペプチド3が主成分となっており男性ホルモンの抑制効果や細胞修復作用の効果が非常に高い成分となっています。

 

ピディオキシジル

 

ミノキシジル誘導体といって、この成分の化学式がミノキシジルに非常によく似ており、その作用もミノキシジルと同等の効果がある成分です。

 

薄毛やハゲの症状によって成分を振り分ける

 

育毛際には、薄毛やハゲの症状によって使用する成分が変わってきます。

 

例えば、薄毛で頭皮が荒れている場合、このとき使用する 育毛成分は頭皮環境を整える成分が必要です。

 

また、髪の毛が頭部にある状態で髪質を改善したいとき使う 育毛成分は発毛成分とは異なります。

 

発毛とは、頭部に髪の毛がない状態から髪の毛を成長させることを言いますので、その時に必要な成分は血管拡張作用、栄養補給、男性ホルモン抑制効果が必要です。

 

 

発毛成分単品での発毛は難しい

 

発毛成分が含まれる育毛剤でも、発毛成分単体での発毛は難しいです。完ぺきに発毛促進するためには上記にもあるように、血管拡張作用、栄養補給、男性ホルモン抑制の効果が必要です。さらに頭皮を保湿するための成分や環境を整えるための成分が必要です。

 

 

発毛力のある育毛剤のメリット・デメリット

 

 

メリット(効果)

 

髪の毛がない状態の頭皮から髪の毛を生やします。
また薄毛や髪質が細くなった頭皮にも有効です。

 

 

デメリット(副作用)

 

医薬品指定されている発毛剤には副作用のリスクがあります。副作用のリスクが怖いという方は医薬部外品を使うようにしましょう。

 

 

まとめ

 

これらをまとめると、発毛効果とは総合的な成分の配合が必要です。つまり様々な頭皮にまで影響を与える成分が含まれたは育毛剤が有効だということです。

 

現在、育毛剤で最も豊富に成分が含まれているものはチャップアップという育毛剤です。

 

このチャップアップには業界最多となる成分が含まれており、発毛効果も高いと評判の育毛剤です。
上記に説明していることを総合してもチャップアップがおすすめです。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking

関連ページ

お金がない人は安い育毛剤を使ってもいいの?薄毛対策の効果って?
薄毛と毛母細胞の関係って?育毛剤を使うことで育毛効果はあるの?
育毛剤によって頭皮にかゆみが出るのは何故?かゆくない育毛剤って?
育毛剤の副作用の原因と種類って?薄毛対策効果と関係はあるの?
育毛剤を使うと勃起しなくなったり性機能への副作用や影響がある?
サラサラで柔らかい髪が生えてくる育毛剤はどんな商品を選べばいい?
育毛剤の効果って医学的な根拠があるの?医薬部外品って?
育毛剤を使う前に坊主にすれば薄毛改善効果がアップするってホント?
育毛剤はシャンプーの前と後どっちに使った方が薄毛改善に効果的?
薄毛で髪の毛の量を増やしたい人はどんな育毛剤を使うのが効果的?
円形脱毛症に効果のある育毛剤って?治療するのとどちらがいいの?
育毛シャンプーは育毛剤と一緒に併用すると薄毛改善に効果的?
育毛剤をつけるタイミングって?薄毛改善に効果がある使用方法とは
薄毛が気になる部分によって育毛剤の選び方は変わる?効果の違いは?
男性用育毛剤と女性用育毛剤の違いって?成分や効果の違いって?
育毛剤を使うと毛根や髪の毛に痛みは出る?薄毛への影響は?
頭皮乾燥を防ぐのにも育毛剤は使える!乾燥肌の方必見のヘアケア方法
同じ種類の育毛剤をずっと使い続けていると薄毛対策効果は低くなる?
自分に合わない育毛剤を使っても改善効果はない?薄毛への悪影響とは
育毛剤と養毛剤って何が違うの?薄毛への効果や成分、副作用の違い
育毛剤バイタルチャージの薄毛改善効果と口コミ・評判
Deeper3D【ディッパー】の薄毛改善効果と口コミ・評判
育毛剤には白髪予防効果はあるの?
育毛剤には髪の毛を太くする効果はあるの?細毛の人も必見です!
育毛剤は医療費控除の対象になるのか?確定申告前に知っておこう!
育毛剤に含まれる有効成分って?血行促進や薄毛改善効果があるのは?
育毛剤を使うと髪の毛が早く伸びる効果もある?
育毛剤は併用してもいいの?薄毛改善効果への影響と副作用
育毛剤の種類はどんなタイプがある?医薬品と部外品から効果の違い等
育毛剤を使うのをやめると髪の毛はどうなる?ハゲるのか心配な方へ
産後の薄毛に備えて妊娠中に育毛剤を使ってもいいの?効果と副作用
育毛剤は朝・昼・晩いつ使うのがいい?1番効果的なタイミングとは
フケが出なくなる育毛剤はどんな種類の育毛剤?
育毛剤は本当に毛が生えるのか?現役美容師が根拠と成分を元に解説!
育毛剤は薄毛予防になるのか?将来に備えて今からできる薄毛対策