育毛剤は本当に毛が生えるのか?現役美容師が根拠と成分を元に解説!

育毛剤による薄毛対策で本当に毛が生えるのか?

薄毛の状態によって育毛剤を選べば髪の毛はまた生える

 

薄毛の問題は、近年男女問わず多くの方が悩む問題となってます。特に男性は男性型脱毛症という発症率も高い薄毛に悩まされてる人が多く、効果のある育毛剤を見つけることが先決です。

 

育毛剤を手にとって、実際に使用してみた人はわかると思いますが、中には効果を全く感じなかったという人がいるのも事実です。

 

しかし、それには原因があり、その育毛剤がその人の薄毛の状態には合っていなかったということが言えます。

 

その人の薄毛の状態に合わせて、正しい育毛剤を選んでいれば、きっと育毛効果を実感することができるでしょう。

 

 

自分の症状に合わせた育毛剤を選ぶことが大切

 

自分の症状に合わせた育毛剤を選ぶことで、高い効果を得ることができます。

 

自分の症状とは、頭皮の状態どの箇所が薄毛になっているのか?自分の生活習慣はどうなのか?

 

ということを把握していなければいけません。その症状が把握できれば、あとはそれに合わせた育毛剤を選ぶだけです。

 

 

薄毛の症状は男性ならばほとんどが男性型脱毛症

 

男性の薄毛の症状のほとんどが、男性型脱毛症です。しかし、男性型脱毛症を発症するまでに様々な理由が挙げられます。その理由も個々によって様々です。

 

例えば、生活習慣が悪いことでホルモンバランスが崩れ男性型脱毛症を発症する。

 

日々のストレスによって、男性ホルモンであるテストステロンが過剰に分泌し男性型脱毛症を発症する。

 

日頃の過剰な頭皮ケアが原因で男性型脱毛症を発症する。

 

食事の偏りが原因で皮脂の分泌量が多くなり、男性型脱毛症を発症する。

 

など理由は様々ですが総して男性型脱毛症にかかっているという事実は同じです。

 

つまり、これらの理由によって頭皮の荒れ方も違いますから、その頭皮環境に合わせた育毛剤を選びまた、それと同時に、生活習慣などの改善が必要になります。

 

 

男性型脱毛症に合う育毛剤とは

 

男性型脱毛症とは、男性ホルモンであるテストステロンが髪の毛のも乳頭細胞にある5αリダクターゼと酵素変換し、ジヒドロテストステロンになり、それが、アンドロゲン受容体と融合することで、薄毛を発症してしまいます。

 

つまり、男性型脱毛症に必要な育毛成分とは男性ホルモン抑制作用、血行促進作用は必須です。

 

それに付け加え、自分の頭皮の症状に合わせた作用のある成分を選んでいくことが大切です。

 

育毛剤の中にはそれらの成分が総合的に含まれた育毛剤があり、育毛剤選びが苦手だという方にはおすすめです。

 

 

薬品と医薬部外品

 

育毛剤は医薬品と医薬部外品、化粧品に分けられます。その効果も医薬品が一番効果が高く、その分リスクも高くなります。

 

医薬部外品は効果が認められるのに付け加え、頭皮環境を整える成分など副作用の少ない天然素材のものが豊富に含まれています。また、副作用のリスクが非常に低いことが特徴的です。

 

化粧品は、頭皮ケア頭皮環境を保護する目的で使用する分には効果的です。

 

・医薬品に含まれる成分・

 

・フィナステリド

 

もともと、前立腺肥大症の治療に使われてたお薬の副作用によって開発された育毛剤です。男性ホルモンを抑制することで酵素還元を防ぎ、薄毛を改善します。

 

・ミノキシジル

 

もともと、降圧剤として使われてた成分で、高血圧の血管拡張作用があり、血行を良くする効果があります。

 

降圧剤として使っている時、患者さんの副作用から髪の毛が生えてきたということから開発された育毛剤です。

 

高い血管拡張作用から発毛効果があります。

 

 

・医薬部外品に含まれる成分・

 

・男性ホルモン抑制成分

 

男性ホルモン抑制成分とは男性ホルモンと5αりだくたーぜの酵素返還を抑制する効果がある成分です。

 

・血管拡張成分

 

ミノキシジルと同じように血管を広げ血行を促進し薄毛に効果があります。

 

・栄養補給成分

 

不足しがちな栄養素を直接毛根から取り入れることで健康的な髪の毛の成長を促します。

 

・抗脂漏成分

 

抜け毛の原因となりやすい皮脂の過剰分泌を防ぎます。

 

・保湿成分

 

乾燥しやすい頭皮環境に保湿成分を補給し、肌バリア機能を高めます。

 

・消炎成分

 

炎症を抑え、脂漏性皮膚炎やひこうせい脱毛症などの原因を抑制します。

 

・頭皮代謝促進成分

 

年齢とともに低下する肌代謝を促進し、頭皮の老化を防ぎます。

 

・抗菌成分

 

頭皮に存在する常在菌や雑菌の過剰繁殖を防ぎます。

 

・角質溶解成分

 

頭皮の古い角質を浮かして落とす効果があります。

 

・抗酸化成分

 

古い皮脂や角質の酸化を防ぎ老化予防、抜け毛予防を促進します。

 

 

育毛剤を使うときの注意点

 

育毛剤を使うとき、特に医薬品の場合は、副作用も理解しておかなければいけません。副作用の恐れがある成分とはフィナステリドやミノキシジルと言った成分です。

 

・フィナステリドの副作用

 

性機能不全、性欲減退、鬱、倦怠感、肝機能障害、動悸など

 

・ミノキシジルの副作用

 

頭皮のかゆみ、眠気、倦怠感、呼吸不全、血圧問題、肌あれ、ニキビなど

 

育毛剤は本当に毛が生えるのか?まとめ

 

これらの育毛剤は、全て発毛や育毛の効果があるもので、その症状に合わせて育毛剤を選び使うことで高い効果を得られるでしょう。

 

もう一度言いますが、重要なのは自分の症状に合う育毛剤を使うことが大切です。

 

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking

関連ページ

お金がない人は安い育毛剤を使ってもいいの?薄毛対策の効果って?
薄毛と毛母細胞の関係って?育毛剤を使うことで育毛効果はあるの?
育毛剤によって頭皮にかゆみが出るのは何故?かゆくない育毛剤って?
育毛剤の副作用の原因と種類って?薄毛対策効果と関係はあるの?
育毛剤を使うと勃起しなくなったり性機能への副作用や影響がある?
サラサラで柔らかい髪が生えてくる育毛剤はどんな商品を選べばいい?
育毛剤の効果って医学的な根拠があるの?医薬部外品って?
育毛剤を使う前に坊主にすれば薄毛改善効果がアップするってホント?
育毛剤はシャンプーの前と後どっちに使った方が薄毛改善に効果的?
薄毛で髪の毛の量を増やしたい人はどんな育毛剤を使うのが効果的?
円形脱毛症に効果のある育毛剤って?治療するのとどちらがいいの?
育毛シャンプーは育毛剤と一緒に併用すると薄毛改善に効果的?
育毛剤をつけるタイミングって?薄毛改善に効果がある使用方法とは
薄毛が気になる部分によって育毛剤の選び方は変わる?効果の違いは?
男性用育毛剤と女性用育毛剤の違いって?成分や効果の違いって?
育毛剤を使うと毛根や髪の毛に痛みは出る?薄毛への影響は?
頭皮乾燥を防ぐのにも育毛剤は使える!乾燥肌の方必見のヘアケア方法
同じ種類の育毛剤をずっと使い続けていると薄毛対策効果は低くなる?
自分に合わない育毛剤を使っても改善効果はない?薄毛への悪影響とは
育毛剤と養毛剤って何が違うの?薄毛への効果や成分、副作用の違い
育毛剤バイタルチャージの薄毛改善効果と口コミ・評判
Deeper3D【ディッパー】の薄毛改善効果と口コミ・評判
育毛剤には白髪予防効果はあるの?
育毛剤には髪の毛を太くする効果はあるの?細毛の人も必見です!
育毛剤は医療費控除の対象になるのか?確定申告前に知っておこう!
発毛効果のある育毛剤って?育毛タイプと発毛タイプの効果の違いとは
育毛剤に含まれる有効成分って?血行促進や薄毛改善効果があるのは?
育毛剤を使うと髪の毛が早く伸びる効果もある?
育毛剤は併用してもいいの?薄毛改善効果への影響と副作用
育毛剤の種類はどんなタイプがある?医薬品と部外品から効果の違い等
育毛剤を使うのをやめると髪の毛はどうなる?ハゲるのか心配な方へ
産後の薄毛に備えて妊娠中に育毛剤を使ってもいいの?効果と副作用
育毛剤は朝・昼・晩いつ使うのがいい?1番効果的なタイミングとは
フケが出なくなる育毛剤はどんな種類の育毛剤?
育毛剤は薄毛予防になるのか?将来に備えて今からできる薄毛対策