育毛剤は併用してもいいの?薄毛改善効果への影響と副作用

育毛剤の併用による薄毛改善効果と副作用

育毛剤は併用してもいいの?

 

育毛剤の併用について

 

育毛剤を併用することで相乗効果が現れそうですが、育毛剤や薬剤に限っては必ずしもそうとは言えません。

 

それは、育毛剤単体で育毛効果が出るように各種メーカーが研究に研究を重ね得た結果だからです。もし併用して育毛効果がよければ、各社ともそのように育毛剤を開発しているはずなのです。

 

つまり、育毛剤は単品でも十分な効果が得られるように作られているということです。ただし、そこには個人差がどうしても出てしまうので難しいところだとは思います。

 

育毛剤の併用についてのメリット・デメリット

 

育毛剤の併用についてのメリット・デメリットを解説します。

 

 

育毛剤を併用するメリット

 

・併用してある成分があれば育毛の相乗効果が望める

 

タイプ別の育毛剤を使用することで、相乗効果が望めることがあります。例えば血管拡張作用に特化した育毛剤と、頭皮環境を整える育毛剤を併用すれば相乗効果が狙えます。

 

 

・医薬品と医薬部外品で相性の良い育毛剤があれば相乗効果が望める

 

医薬品であるフィナステリドを服用しながら、医薬部外品の発毛用の育毛剤の外用薬を併用することで育毛効果が期待できます。フィナステリドは悪玉男性ホルモンを抑制する効果がり、発毛効果のある外用薬と一緒に使用すると効果が高い可能性。

 

 

・医薬品同士の併用は効果が高い

 

医薬品で言うとフィナステリドとミノキシジルの効果が期待できるということです。医薬品同士の相乗効果を狙ったものですからその効果も期待できます。

 

フィナステリドを服用して男性ホルモンを抑制し、外用薬用のミノキシジルを塗布することで髪の毛の早期回復が期待できます。

 

 

育毛剤を併用するデメリット

 

・併用することで発生するトラブルは自己責任

 

育毛剤は、製造会社それぞれがその育毛剤だけの効果を検証しているわけですから、併用することで発生するトラブルは検証外になるので責任の追求はできません。つまり自己責任となるわけです。

 

 

・副作用の危険性がある

 

医薬品同士、例えばフィナステリドとミノキシジルの併用で副作用がより深刻なものになる可能性があります。どちらとも第一種医薬品指定ですから、副作用のリスクが常にあります。この場合もトラブルの責任はメーカーに追求できない可能性が高いです。

 

 

・成分を過剰摂取してしまう危険性がある

 

たとえ医薬品ではなくても、育毛剤にはそれなりの成分が含まれます。そして、その成分には、一日の使用量の上限が定められていますから、その使用量を超えてしまった時、副作用の危険性が高まります。

 

 

併用すると効果のある育毛剤のタイプについて

 

併用しても良いと思われる育毛剤のタイプについてご説明します。しかし、あくまでも参考であって確実というわけではありません。

 

 

併用してもよい育毛剤のタイプ

 

・発毛用の育毛剤と頭皮ケア用の育毛剤

 

発毛用の育毛剤には、血管拡張作用のある成分がメインで含まれています。これによって頭皮の毛根からの発毛を促すのですが、頭皮環境が乱れているとその作用も半減してしまいます。

 

そこで、頭皮ケアを目的とした育毛剤を併用することで、高い育毛効果が望めます。

 

 

・飲むタイプの育毛剤と塗るタイプの育毛剤

 

飲むタイプの育毛剤と、塗るタイプの育毛剤を併用します。例えばミノキシジルにはタブレットと外用薬があります。

 

この方法は毛髪専門クリニックのお医者さんが様子を見ながら処方してくれる育毛方法の一つでもあります。

 

つまり、医者の許可なしで個人での素人判断は危険だということです。

 

その代わり、この効果の作用があっていれば育毛の相乗効果が見られます。

 

また、毛髪専門のクリニックではプロペシアとミノキシジルの併用、その他医薬品との併用も行っています。

 

これらは、すべて専門医の処方によるものです。

 

個人輸入などで購入して併用するのは、リスクが高すぎるといえるでしょう。

 

 

・サプリメントと育毛剤

 

サプリメントと育毛剤の併用が最も安全な方法です。サプリメントで毛髪の成長に必要な栄養素を補給しながら、育毛剤で発毛、育毛を促すということです。

 

サプリメントと育毛剤に含まれる成分は、体内でトラブルを起こすということは考えにくいため、リスクは0ではないにせよ最も効果的でなおかつ安全な方法です。

 

育毛剤の併用による薄毛改善効果と副作用まとめ

 

育毛剤同士の併用は、正直危険だと言っても良いでしょう。もしトラブルが起きたとしてもメーカー側に責任を追求することができません。

 

ですから、併用を考えているのならば毛髪専門のクリニックで診察を受け、医師に相談して使うようにしてください。

 

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking

関連ページ

お金がない人は安い育毛剤を使ってもいいの?薄毛対策の効果って?
薄毛と毛母細胞の関係って?育毛剤を使うことで育毛効果はあるの?
育毛剤によって頭皮にかゆみが出るのは何故?かゆくない育毛剤って?
育毛剤の副作用の原因と種類って?薄毛対策効果と関係はあるの?
育毛剤を使うと勃起しなくなったり性機能への副作用や影響がある?
サラサラで柔らかい髪が生えてくる育毛剤はどんな商品を選べばいい?
育毛剤の効果って医学的な根拠があるの?医薬部外品って?
育毛剤を使う前に坊主にすれば薄毛改善効果がアップするってホント?
育毛剤はシャンプーの前と後どっちに使った方が薄毛改善に効果的?
薄毛で髪の毛の量を増やしたい人はどんな育毛剤を使うのが効果的?
円形脱毛症に効果のある育毛剤って?治療するのとどちらがいいの?
育毛シャンプーは育毛剤と一緒に併用すると薄毛改善に効果的?
育毛剤をつけるタイミングって?薄毛改善に効果がある使用方法とは
薄毛が気になる部分によって育毛剤の選び方は変わる?効果の違いは?
男性用育毛剤と女性用育毛剤の違いって?成分や効果の違いって?
育毛剤を使うと毛根や髪の毛に痛みは出る?薄毛への影響は?
頭皮乾燥を防ぐのにも育毛剤は使える!乾燥肌の方必見のヘアケア方法
同じ種類の育毛剤をずっと使い続けていると薄毛対策効果は低くなる?
自分に合わない育毛剤を使っても改善効果はない?薄毛への悪影響とは
育毛剤と養毛剤って何が違うの?薄毛への効果や成分、副作用の違い
育毛剤バイタルチャージの薄毛改善効果と口コミ・評判
Deeper3D【ディッパー】の薄毛改善効果と口コミ・評判
育毛剤には白髪予防効果はあるの?
育毛剤には髪の毛を太くする効果はあるの?細毛の人も必見です!
育毛剤は医療費控除の対象になるのか?確定申告前に知っておこう!
発毛効果のある育毛剤って?育毛タイプと発毛タイプの効果の違いとは
育毛剤に含まれる有効成分って?血行促進や薄毛改善効果があるのは?
育毛剤を使うと髪の毛が早く伸びる効果もある?
育毛剤の種類はどんなタイプがある?医薬品と部外品から効果の違い等
育毛剤を使うのをやめると髪の毛はどうなる?ハゲるのか心配な方へ
産後の薄毛に備えて妊娠中に育毛剤を使ってもいいの?効果と副作用
育毛剤は朝・昼・晩いつ使うのがいい?1番効果的なタイミングとは
フケが出なくなる育毛剤はどんな種類の育毛剤?
育毛剤は本当に毛が生えるのか?現役美容師が根拠と成分を元に解説!
育毛剤は薄毛予防になるのか?将来に備えて今からできる薄毛対策