薄毛と抜け毛に効果的なサプリメントの選び方!10の成分と副作用

薄毛と抜け毛に効果的なサプリメントの効果と成分

薄毛と抜け毛に効果的なサプリメントとは?

 

サプリメントで薄毛改善

 

薄毛は、サプリメントで緩和することができます。改善するにはサプリメントではなく育毛剤を使います。

 

サプリメントは育毛剤の補助成分。

 

サプリメントと育毛剤を合わせて使うことで、より髪の毛の育毛効果が得られます。

 

薄毛の改善に期待できるサプリメントの種類と効果

 

1 亜鉛

 

亜鉛はミネラル成分の一つで、髪の毛をつくるケラチンタンパク質に変換する際に必要な栄養素です。

 

亜鉛が不足してしまうことで、髪の毛の主成分となるケラチンタンパク質の合成がうまくできず、髪の毛が痩せてダメージしやすくなったり、抜けてしまったりしてしまいます。

 

効果

 

亜鉛による効果は、ケラチンタンパク質への合成の補助、抗酸化作用、アルコール分解、免疫活性など体になくてはならない成分なのです。

 

注意点

 

亜鉛は体の中にも存在する成分ですが、溜めておくことができません。つまり、常に食事やサプリメントからの摂取が必要な成分なのです。

 

一日の最大摂取量は成人男性が30mg、女性も上限が30mgです。厚生労働省の推奨量は成人男性が12mg、女性が9mgとなっています。

 

一日の摂取量が長期に渡り100mgをとり続けると、嘔吐、吐き気、発熱、倦怠感などの副作用があり、2000mgで急性中毒のリスクが高まります。

 

2 マルチビタミン

 

マルチビタミンにはビタミン類が約10以上含まれています。

 

ビタミンB1 B2 B6 C E D パントテン酸 ビオチン ナイアシン 葉酸 β-カロチン。

 

これらの成分は、直接頭皮に関係はしないものの、関節的に髪の毛の健康をサポートする重要な栄養素なのです。

 

効果

 

ビタミンB1

 

皮膚や粘膜の健康を維持します。また、糖の代謝を促しますので、血中の脂肪濃度を下げてくれます。

 

ビタミンB2

 

ビタミンB2も血中の糖質やタンパク質の代謝に影響します。そして皮膚粘膜や毛髪の再生作用、老化防止に効果があります。

 

ビタミンB6

 

ビタミンB6は、髪の毛に必要なタンパク質の合成を補助し、皮膚や粘膜などの健康を維持してくれる栄養素です。

 

ビタミンC 

 

肌の代謝や抗酸化作用のある栄養素です。ビタミンCが不足してしまうと、頭皮環境が荒れてしまい、抜け毛を発症します。

 

ビタミンE

 

ビタミンEにもC同様強い抗酸化作用があります。活性酵素を抑え、頭皮環境を整える効果があります。
また、血管や頭皮細胞の老化を防止します。

 

ビタミンD

 

ビタミンDは血中のカルシウム濃度を一定に保ち、血液の成分が偏らないようにします。ビタミンDによって正常な血液が髪の毛の栄養素となっているのです。

 

パントテン酸

 

パントンテン酸は血中のコレステロールのコントロールをして、動脈硬化を防ぎます。これによって血行がよくなり薄毛を発症させづらくさせます。

 

また、ビタミンCの働きを補助する効果があるので、頭皮の免疫力や保湿力といった効果を高めます。

 

ビオチン

 

ビオチンは、皮膚の粘膜や頭皮環境を安定させたり、頭皮の痒みや皮膚炎などを改善する効果があります。

 

ナイアシン

 

ナイアシンは、毛細血管を拡張する効果がります。毛細血管が拡張されることで頭皮の血行がよくなり、髪の毛が十分な栄養を受けることができます。

 

葉酸

 

葉酸は、タンパク質の合成に大切な栄養分の一つです。髪の毛や頭皮の細胞分裂を促し、丈夫な髪の毛を育てます。

 

また、貧血の予防や動脈硬化を防ぐ効果があります。

 

β-カロチン

 

粘膜を強化し、免疫力を高め頭皮環境を安定させます。また、細胞分裂を促し、強くて健康的な髪の毛の成長に欠かせない成分です。

 

注意点

 

ビタミン類は体の至る所、髪の毛にもとても重要な栄養素です。ビタミンが不足するビタミン欠乏は体の至る所の活動を阻害してしまいます。例えばタンパク質。髪の毛はこのタンパク質の合成によってケラチンタンパク質という物質に変化し成長します。
このことからもわかるように、ビタミンは髪の毛にとっても、とても重要な栄養素なのです。

 

3 イソフラボン

 

イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用をすることで有名です。身近なものでいうと納豆や豆乳などの大豆類から多くのイソフラボンを摂取することが可能です。

 

また、イソフラボンはサプリメントからも摂取が可能です。

 

効果

 

エストロゲンが活動することで、健康的な髪の毛に成長させたり、保湿力を高めたりします。特に女性の更年期障害の薄毛にも効果的です。

 

また、男性の薄毛にもイソフラボンを摂取することで、エストロゲンが男性ホルモンの作用を抑制します。

 

注意点

 

イソフラボンを摂り過ぎることで、女性は乳がんのリスク、男性は性機能の低下というリスクがあります。

 

女性の更年期障害の治療にホルモン治療というものがあり、エストロゲンばかりを増やしていると、乳がんの危険性が高くなります。ですからホルモン治療の場合はプロゲステロンも合わせて摂取していきます。

 

ただし、イソフラボンの場合は、天然の成分で完全なエストロゲンではないため、よほどの過剰摂取がない限り乳がんまでは発展しません。

 

また、男性は男性ホルモンが抑制されるため、性機能への障害のリスクも懸念されます。

 

イソフラボンの一日の摂取量はサプリメントで30mgその数値は食べ物からもイソフラボンを摂取するであろうと予測された数字です。

 

通常ならばイソフラボンは一日の推奨上限が75mgです。

 

4 マカ

 

マカは、南米のペルーで摂れる天然植物の一つです。栄養素が豊富で血行を良くしたり、成長ホルモンの分泌を助ける効果もあります。

 

効果

 

動脈硬化を予防し、血行を促進する効果があります。その時に血管を拡張し、血栓をできづらくさせます。血行が良くなることで薄毛が改善されます。

 

また、マカには成長ホルモンの分泌を助け、髪の毛の成長に大きく関わります。

 

注意点

 

男性ホルモンの90%は、テストステロンですが、残りの数字のうち1つがアンドロゲンという男性ホルモンがあります。このアンドロゲン中のデヒドロエピアンドロステロンは若返りの効果があることで注目されているホルモンですが、
過剰に摂取することで、皮脂の分泌量を増やすとされています。

 

5 L-シトルリン

 

シトルリンは、スイカから発見されたスーパーアミノ酸とも呼ばれるアミノ酸の一つです。
ウリ科に多く含まれる成分で、血管を広げる作用をもつ一酸化窒素の生成を補助します。

 

効果

 

一酸化窒素が増えることで血管が広がり、血行がよくなります。血行が良くなることで頭皮の毛細血管の血流もよくなり、薄毛改善に効果的です。

 

注意点

 

シトルリンは、血管を拡張する効果があることから、高血圧で降圧剤を使用している方は、医師の相談の元シトルリンを使用してください。

 

また、稀にアレルギー反応を起こすことがあります。その他には重大な副作用の報告はありません。

 

6 L-アルギニン

 

L-アルギニンもアミノ酸の一種です。アルギニンは体内で合成することは可能なのですが、分裂したり生産することは不可能ですので、食事やサプリメントから十分に摂取することをおすすめします。

 

特にアルギニンが多く含まれるのは豚ゼラチン。これには8000mgもアルギニンが含まれます。ちなみにアスリートの方で推奨摂取量が10000mgですから、現代人はある意味アルギニン不足といっても良いでしょう。

 

効果

 

L-アレルギンは成長ホルモンの分泌を促進し髪の毛の成長を促します。また、血行を促進します。アルギニンはまさに髪の毛の成長に欠かせない成分。それ以上に体の成長に欠かせない栄養素なのです。

 

注意点

 

胃の弱い方は、アレルギン単体で摂取すると下痢になることがあります。この場合、アルギニンとクエン酸を一緒に摂ることで、胃への負担を減少させることができます。

 

ちなみにアレルギンの一日の上限はアスリートの方で10000mg摂取しても問題ありません。
一般の方でも5000〜6000mg摂っても大丈夫です。

 

7 ヘム鉄

 

鉄分特にヘム鉄と呼ばれるミネラルは、赤血球のヘモグロビンを作るのに大切な栄養素です。
ヘモグロビンは酸素と結合し体の各所に酸素を送ります。もちろん頭皮にもこの酸素が運ばれ髪の毛の成長に欠かせないものとなります。

 

効果

 

ヘム鉄によってヘモグロビンの構成を促進します。ヘモグロビンが増えることで、髪の毛に必要な栄養素や酸素を頭皮に供給します。

 

また、ヘモグロビンが正常なことで腸の働きが活発になり、食べ物から得た栄養素を血液に送ることができます。

 

注意点

 

ヘモグロビンが減ってしまうことで、貧血になり頭皮への栄養や酸素の供給が低下してしまいます。それが薄毛の原因となってしまいます。

 

しかし、ヘム鉄を過剰性ッシュしてしまうことで、吐き気や下痢、胃腸障害といった障害をきたしてしまいます。
一日の最大上限量は40mgです。

 

8 L-オルチニン

 

L-オルチニンは、しじみなどに豊富に含まれる非必須アミノ酸です。非必須アミノ酸とは体内で合成が可能なアミノ酸です。必ずしも食物やサプリメントから摂る必要がないのですが、偏食などがある場合、非必須アミノ酸不足となり、体や髪の毛に悪影響を及ぼしてしまいます。オルチニンはその非必須アミノ酸の一種に入ります。

 

効果

 

L-オルチニンを積極的に摂ることで、肝機能を高めます。肝臓は血中の毒素を分解する力がありますから、オルチニンを摂ることで、肝機能が向上し質の良い血液を頭皮に送ることができます。

 

また、新陳代謝を活発にする効果もあるため、髪の毛の成長や頭皮質の向上にも効果があります。

 

注意点

 

L-オルチニンを過剰摂取することで発症する副作用はありません。オルチニンは有利アミノ酸と呼ばれるもので、体内に溜められることがないからです。
つまり、余計なオルチニンは体外に排出されるのです。

 

9 ノコギリヤシ

 

ノコギリヤシは、育毛剤などにも使用されている成分です。古くから滋養強壮、前立腺肥大症の予防、薄毛や抜け毛予防や改善に使われてきました。

 

効果

 

ノコギリヤシの効果とは男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素の融合を阻止する効果があります。これによって薄毛の原因であるジヒドロテストステロンの生成、受容体との融合を阻止します。

 

また、過剰な皮脂の分泌を抑え毛穴に皮脂がたまり酸化するのを防ぎます。

 

注意点

 

ノコギリヤシの効果は、医薬品であるプロペシアの作用と似ています。しかし、サプリメントの域をでない程度の効果ですから、重大な副作用の心配はありません。

 

ただし、妊娠中の女性や胎児、幼児が男子の場合は念のため取り扱いに注意しましょう。

 

10 カプサイシン

 

カプサイシンは、トウガラシに含まれる成分です。育毛剤ですとトウガラシエキスが有名ですが、そのエキスの服用するタイプだと思ってください。

 

効果

 

カプサイシンの効果といえば血管拡張。血管を広げることで血行を促進し、髪の毛の成長を促します。また体の老廃物を体外に排出する効果もあります。

 

また、カプサイシンは脂肪燃焼に優れた効果があります。血液の中には中性脂肪も含まれているため、余計な中性脂肪を燃焼し、血行を良くします。

 

注意点

 

元は、トウガラシからできているため、過剰摂取により胃腸が荒れてしまったり、軟便になる可能性があります。

 

主に胃腸などの消化器系に問題が出ますので、胃腸の弱い方は注意しながら適量を摂るようにしましょう。

 

 

サプリメントを摂るときの注意点

 

サプリメントは、あくまでも健康補助食品です。医薬品分類ではないため、摂取しても効果が現れるまでに個人差があります。
成分に耐性が強い方だと、効果を実感できない場合もあります。

 

また、サプリメントを摂る際は、その日の食事に含まれる栄養素もある程度把握しておいて、くれぐれも過剰摂取にならないようにしましょう。

 

まとめ

 

サプリメントを積極的に摂ることで、薄毛を改善する効果が望めます。ただし、薄毛はサプリメント単体だけではなかなか完全な回復は難しいです。

 

サプリメントは、育毛剤のサポート役だと思って頂いたほうが良いでしょう。サプリメントと育毛剤の併用でより薄毛改善の効果が望めます。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking