肉を食べないと薄毛改善効果あり?肉が髪の毛に与える影響とは

肉は薄毛の原因になるの?

肉を食べると薄毛に良い?悪い?

 

肉を食べると薄毛に良くも悪くもある

 

なんにしても、偏った食事は薄毛の原因となってしまいます。肉は、適量を取っていれば動物性タンパク質として、髪の毛の原料になったり、皮脂の原料となります。

 

しかし、肉料理ばかりに偏ってしまうと、タンパク質が過多になり、さらに脂肪分も増えてしまい、薄毛を発症してしまいます。

 

では、お肉を食べることで得られるメリットデメリットをご紹介します。

 

肉に含まれる栄養素

 

先にお肉を食べることで、得られるメリットデメリットの前に、お肉について知っておきましょう。

 

おそらくお肉というと太る、タンパク質、脂質などが連想されると思うのですが、実はお肉にはこれら以外にも、体によい栄養素が含まれるのです。

 

それでは、種類別に成分、メリット、デメリットをご紹介します。

 

牛肉

 

・髪の毛に良い成分

 

タンパク質

 

タンパク質は髪の毛の主成分です。亜鉛やアミノ酸と融合することで髪の毛の生長を促します。

 

亜鉛

 

タンパク質をアミノ酸と一緒にケラチンタンパク質に変換するための補助栄養素です。

 

鉄分

 

血液のヘモグロビンを作るのに必要な成分です。

 

ビタミンB6、12

 

特にビタミンB6とビタミンB12が豊富に含まれており、血液の脂肪を代謝させる重要な成分です。

 

コラーゲン

 

頭皮の保湿成分となる重要な成分です。

 

脂質

 

皮脂の原料となる成分です。

 

・メリット

 

牛肉には、髪の毛に良い成分が詰まっています。上記にある成分はどれも髪の毛に重要な必須栄養素。

 

タンパク質と亜鉛で髪の毛の生長を促進し、鉄分、ビタミンB6、B12で血行を良くし、髪の毛の成長を促します。

 

また、頭皮の肌バリアを強化する脂質やコラーゲンも豊富に含まれています。
牛肉は、適量に食べる分には髪の毛や頭皮の健康にとても良いということがわかります。

 

 

・デメリット

 

髪の毛にとても良い牛肉ですが、食べ過ぎは禁物です。いくら髪の毛に良いと言っても、牛肉の成分の中で最も多いのは脂質。

 

脂質を摂り過ぎることで、コレステロールが増え、血液がドロドロになってしまいます。適量に摂ることが髪の毛の健康のためにも良いのです。

 

 

 

豚肉

 

・髪の毛に良い 成分

 

タンパク質

 

髪の毛の主成分。亜鉛との融合で健康で健やかな髪の毛に。

 

脂質

 

保湿力を高めるための皮脂の原料となります。

 

ビタミンB1

 

血中の糖質をエネルギーとして消費してくれます。

 

ナイアシン

 

腸からの栄養素の吸収率を向上させ、血行を良くします。

 

亜鉛

 

タンパク質と融合することでケラチンタンパク質をつくり髪の毛の細胞分裂を促進します。

 

・メリット

 

豚肉の良い所はなんといっても、ビタミン豊富なお肉ということです。とりわけビタミンB1は群を抜いて豊富に含まれるため、新陳代謝を向上させ、頭皮環境を改善したり、髪の毛の細胞分裂を促進します。

 

また、タンパク質、亜鉛も含まれるため髪の毛に必要な栄養素を効率よく摂れることになります。

 

・デメリット

 

髪の毛に良いといっても主成分は脂質です。過剰摂取がコレステロール値を上げてしまい、余分な脂肪の元になります。

 

脂肪が増えることで血行が悪くなり、薄毛の原因となりますので、くれぐれも豚肉の食べ過ぎには注意が必要です。

 

 

 

鶏肉

 

・髪の毛に良い成分

 

タンパク質

 

髪の毛の主成分の原料です。

 

脂質

 

皮脂の原料です。

 

ナイアシン

 

補助酵素の働きと血行を良くします。

 

パントテン酸

 

様々な栄養素を助ける成分で、例えばビタミンCをナイアシンが補助しコラーゲンが生成されるといった成分です。

 

セレン

 

不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。

 

亜鉛

 

髪の毛や頭皮の肌を作るための補助栄養素です。

 

・メリット

 

鶏肉はなんといっても、他の肉類とくらべて脂質が少なくタンパク質豊富なお肉です。よくダイエットなどにも使われますが、髪の毛にも効果のある栄養素が豊富に含まれています。

 

牛肉や豚肉ではあまり目立たなかった栄養素が豊富で、特にナイアシン、パントテン酸、セレンなどは、髪の毛を作る時の補助酵素的な役割や血行、頭皮の抗酸化作用などの効果があります。

 

鶏肉は、多少食べ過ぎても牛肉や豚肉ほど重大な問題は発生しにくいところも良いです。特に「ささみ」などのお肉は、タンパク質が豊富で脂質が少ないのでおすすめです。

 

・デメリット

 

過剰摂取しすぎることで、栄養素が偏ってしまいます。また、動物性の脂質ですから、摂り過ぎると血液がドロドロになる可能性もあります。

 

鶏肉にはリノール酸という成分が含まれており、リノール酸を過剰に摂り過ぎると、炎症が促進されるリスクがあります。

 

適量に鶏肉を摂るように注意しましょう。

 

 

まとめ

 

比較的馴染みの深い種類のお肉を対象に、髪の毛との関係を解説してきましたが、共通して言えることは、どのお肉も髪の毛に良い効果があるということです。
薄毛の人は積極的に食べてほしいと思います。

 

しかし、過剰摂取は禁物。

 

お肉の主成分は脂質ですから、過剰に摂取することで血中のコレステロールや脂質が上がり、血行が悪くなります。

 

髪の毛に良い食べ物だと思っていたものも、過剰摂取で髪の毛の害にもなってしまうのです。
適量を食べて、健やかな髪の毛にしていきましょう。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking