ラーメンは髪の毛に良くない?薄毛に与える影響とは

ラーメンは薄毛の原因になるの?

ラーメンを食べると薄毛になるって本当?

 

ラーメンを食べるだけでは薄毛にはならない

 

ほとんどの人が好きな食べ物のひとつではないでょうか?特に男性は、ラーメンを食べることを日課にしている人もいるくらいです。

 

ラーメンには、栄養が詰まっていて、とてもよいのです。ただ油っぽいだけではないのです。

 

しかし、たまに食べるから美味しいし、ラーメンの栄養素がよい効果を与えてくれるのです。

 

日課にするほどラーメンを食べると、ラーメンに含まれる脂質や炭水化物が薄毛の原因となってしまいます。

 

ラーメンを食べ過ぎると薄毛になりやすい

 

ラーメンを食べ過ぎることで良くないのは、麺に含まれる炭水化物です。

 

炭水化物は、腸で分解され豊富な糖分が血液に配られます。ラーメンを食べ過ぎることで、過剰気味になっている糖分が、肝臓で脂肪分に変換されドロドロの血液となり、血行が悪くなってしまいます。

 

血行が悪くなると、血液がただでさえ届きにくい頭皮の血行も悪くしてしまい、髪の毛が栄養を補給できず、薄毛を発症してしまいます。

 

この糖分からできた脂肪分を分解するには、ビタミンB2やB6が有効ですが、それだけでは足りないので、運動も必須となります。

 

ラーメンに含まれる栄養素

 

さて、取り過ぎは体に良くないのですが、週に1度程度のラーメンを食べるくらいでしたら大丈夫です。ラーメンに含まれる髪の毛に有効な成分を解説します。

 

・タンパク質

 

タンパク質は髪の毛の原料となる成分です。亜鉛や必須アミノ酸と融合しケラチンタンパク質をつくり、髪の毛が成長します。

 

・炭水化物

 

炭水化物に含まれる糖質は、肝臓機能を正常に働かせたり、体のエネルギーの元となります。増えすぎた糖質は良くないのですが、炭水化物を抑え糖質が減りすぎるのも肝機能を低下させてしまうので問題です。

 

肝機能が低下してしまうと、体の解毒作用も低下し、毒素を含む血液が頭皮に上がってしまうことで薄毛を発症してしまいます。

 

・パントテン酸

 

パントンテン酸は、ビタミンCの働きを補助するビタミン系の成分です。ビタミンCを補助することで頭皮保湿成分コラーゲンの生成を助け、細胞の働きを促進し健康な髪の毛の成長を促進します。

 

・セレン

 

セレンは、頭皮の抗酸化作用を促進します。細胞膜に含まれる不飽和脂肪酸の酸化を防いだり、皮脂の酸化、角質の酸化を防ぎ頭皮環境を整える効果があります。

 

・モリブデン

 

モリブデンは、血液の生成を補助するミネラル成分です。正常な血液を生成したり利尿効果があります。

 

 

まとめ

 

ラーメンを適度に食べる分には問題ありません。むしろ髪の毛の生成にも良いです。
しかし、毎日のように食べてしまうと、過剰な栄養摂取による肥満体質となり、頭皮の皮脂を過剰に分泌したり、血行を悪くし抜け毛を促進したりします。

 

また、カップラーメンには科学調味料がたくさん使われているので、カップラーメンが日課になってしまっていると大変危険なのでやめたほうが良いです。

 

まとめると、適度の量を食べる分にはラーメンは髪の毛に良い効果があるということです。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking