ピーナッツなどの豆類に薄毛改善効果はあるの?

ピーナッツなどの豆類と薄毛改善効果

ピーナッツなどの豆類は薄毛に良いの?

 

ピーナッツで薄毛改善

 

ピーナッツを食べると太ってしまい頭皮が薄くなってしまう。

 

それにはチョット誤解があって実はピーナッツを積極的に食べることで、薄毛が改善されるのです。

 

確かにピーナッツの成分は脂質が大部分を占めています。でも、この脂質にピーナッツの良さがあるのです。

 

ピーナッツを食べることでどう薄毛が改善されるのか?説明していきます。

 

 

ピーナッツに含まれる頭皮によい効果

 

ピーナッツを積極的にたべることで様々な効果が期待できます。特に頭皮につながりの深い理由を説明していきます。

 

コレステロール

 

血中のコレステロール血が高いことで血がドロドロになり血行が悪くなってしまいます。コレステロールは主に脂分の多い食事が原因となりますが、ピーナッツの成分も半分異常が脂質でできています。

 

でも、ピーナッツはこのコレステロール血を下げてくれます。何故か?

 

コレステロール値が高くなるのは動物性脂質。ピーナッツは植物性脂質なので、逆にコレステロールを減らしサラサラな血質に変えてくれるのです。

 

抗酸化作用

 

ピーナッツに含まれるビタミンEには抗酸化作用があります。抗酸化作用とは頭皮で古くなった皮脂の酸化や角質の酸化を防いでくれ、頭皮環境を健全に保つ効果のことをいいます。

 

抗酸化作用の強いビタミンEが頭皮に影響し薄毛を防いでくれるのです。

 

血行促進

 

血中の中性脂肪やコレステロールを抑えるピーナッツにはオレイン酸やリノール酸といった不飽和脂肪酸が多く含まれています。
これで血液がサラサラになり血行がよくなります。

 

血行が良くなる。血がサラサラ。ということは頭皮にある毛細血管を血が巡りやすくなるのです。
血がめぐる頭皮からは健康的な髪の毛が成長します。

 

ピーナッツに含まれる栄養素

 

ピーナッツにはたくさんの栄養素が含まれています。

 

タンパク質、脂質、炭水化物

 

ビタミンA、E、B1、B2、B6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン

 

ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ酸、セレン、クロム、モリブデン

 

食物繊維

 

あの小さな豆にこれだけの栄養素が詰まっているのです。ただし半分は脂質となるため濃度は薄めです。

 

その他豆類に含まれる栄養素

 

ピーナッツだけでなく豆類には様々な頭皮によい栄養素が含まれています。

 

その豆類の種類と頭皮によい栄養素をご紹介。

 

種類

 

あずき いんげん、えんどう、らいまめ、そら豆など

 

栄養素

 

タンパク質、亜鉛、ビタミンE、カルシウム、カリウム、ビタミンB1、B2、B6

 

まとめ

 

ピーナッツをはじめとする豆類には薄毛に効果のある栄養素がギュッと凝縮されています。

 

また、これらは植物性ですから、血行にもよく薄毛に大きな効果があるといえるでしょう。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking