dhaとepaは薄毛改善に効果的!マグロやイワシを食べて薄毛対策

dhaやepaの薄毛改善効果について

dhaが薄毛に良い

 

薄毛で悩んでいる方の血液は、ドロドロに固くなってしまい、血行が悪い可能性があります。薄毛を発症するということは、ある意味生活習慣の乱れや食生活の乱れが原因であることもあります。

 

dhaをepaと一緒に摂ることで血液がサラサラになり、血行が促進され薄毛改善にとても効果があります。

 

それでは、dhaとはどのようなものなのか解説していきます。

 

dhaとは

 

dhaとは、マグロやイワシといった青魚に豊富に含まれる成分です。野菜や豆類などからも摂ることは可能ですが、青魚が群を抜いて多く含まれています。

 

主な効果として血液をサラサラにし、肌や脳の老化を防ぐ効果があります。

 

dhaの効果

 

dhaの具体的な効果についてです。

 

dhaは人の体に必要な必須脂肪酸のことをいいます。この必須脂肪酸とは脂肪酸の中の脂質を作っている成分のことで、その脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。

 

そして、不飽和脂肪酸の中でも、体内で作ることのできない脂肪酸のことを、必須脂肪酸。dhaというのです。

 

具体的な効果としては、体の中の脳の働きを活性化します。そしてepaと一緒に摂取することで、血液をサラサラにし、動脈硬化や心筋梗塞のリスクを下げます。

 

また、血液は頭皮にも直接影響することから、サラサラな血になるということは、血行がよくなり、頭皮にある毛細血管の血流も良くなることがいえます。

 

その結果、髪の毛の栄養が十分に入れ替えられるため、健康的で丈夫な髪の毛を成長させることができるのです。

 

epaとは

 

epaとは、単体では血液の凝固を抑制する効果があり、血栓や動脈硬化を防ぎます。dhaと一緒に摂取することで血行の促進や自律神経のバランスを整えます。

 

dhaが多く含まれる魚の種類

 

dhaの多くは、魚特に青魚からとれます。dhaを多く含む魚の種類をご紹介します。

 

・マグロ・

 

マグロは、群を抜いてdhaの保有率が高いです。その他にも、髪の毛に効果的な成分がぎっしり詰まった魚です。

 

・髪の毛に良いその他の成分

 

タンパク質

 

タンパク質は、髪の毛の原料となる成分で、マグロには多く含まれています。

 

ビタミンD

 

主にカルシウムの補助として、骨の健康に効果のあるビタミンDですが、免疫力の向上にも効果があります。

 

ナイアシン

 

血液中の糖質や、脂質をエネルギーに変えて新陳代謝を向上させる働きがあります。新陳代謝が向上することで健康的な髪の毛の成長を促します。

 

ビタミンB6

 

皮膚や粘膜を強くします。また、血中の糖分をエネルギーに転換する働きがあり、それが薄毛を予防したり、頭皮環境を整えたりします。

 

ビタミンB12

 

葉酸などと一緒に血液を作り出す効果があります。赤血球を作り出す効果に優れており、正常な細胞の状態を保ちます。

 

カリウム

 

現代人はナトリウムの摂取量が多いとされています。カリウムにはナトリウムの量とバランスをとることで、内分泌液や水分のバランスを整えます。

 

これによって、圧迫されていた血行が良くなり結果頭皮の血行にも良い影響を与えます。

 

マグネシウム

 

マグネシウムは、血圧の調整や血糖値を調整します。これによって血の巡りが正常になり、頭皮の薄毛を改善します。

 

セレン

 

免疫機能を高め頭皮環境を整えます。

 

・イワシ

 

イワシは、マグロの次にdhaを含む青魚です。それではdha以外の栄養素です。

 

タンパク質

 

タンパク質は、髪の毛の原料となる栄養素です。

 

脂質

 

イワシは、以外にも脂質が高い魚なんです。脂質は皮脂の原料となるので、適量食べる分には問題ありません。

 

ビタミンD

 

最近の情報では、ビタミンDはタンパク質の合成を促進する効果があるのです。このことは、筋肉に対しての効果ですので髪の毛については、毛包を刺激し成長を促す効果があります。

 

ビタミンB2

 

血中の脂質、糖質、タンパク質をエネルギーに転換し新陳代謝を高めます。これによって髪の毛の細胞分裂も活性します。

 

ビタミンB6

 

このビタミンも、基本的にタンパク質の代謝を促進します。タンパク質の代謝が促進されることで、健康的な髪の毛の成長を助けます。

 

ビタミンB12

 

葉酸と一緒に摂ることで、血液を作り出すビタミンです。「赤いビタミン」という呼び方もあるくらい重要なビタミンの一種です。このビタミンは植物性の食べ物からは摂ることが困難なため青魚やサプリメントから補給することになります。

 

現代人は、ビタミンB12不足が慢性的になっています。

 

ビオチン

 

ビオチンもビタミン系の成分で、血行を良くする効果や皮膚の炎症を抑える効果に優れています。
頭皮環境もビオチンによって整えられ、健康的な髪の毛が生える環境を作ります。

 

セレン

 

頭皮の免疫機能を高め、保湿力や肌バリアの向上効果があります。

 

その他の魚

 

その他にも、サバ サンマなどといった青魚にはdhaが豊富に含まれています。

 

また、髪の毛に良いとされるビタミン類やミネラルも豊富に含むため、薄毛に悩んでいるかた、発症しているかた、また予防を考えている方に効果的です。

 

dhaの注意点

 

dhaはepaと一緒に摂取することで、その効果が高まります。dhaの主な効果は、視力や記憶力。epaの効果は血液の循環を良くする働き。この両者が揃ったときに、血行の促進、アレルギー予防、免疫力向上、自律神経の安定などの効果が得られます。

 

つまり、dha単品で摂るよりもepaと一緒に摂ることが望ましいということです。
また、dhaやepaは血圧を下げてしまう恐れがあるので高血圧の方は控えたほうが良いです。

 

一日の摂取量

 

dhaの一日の最大摂取量は、成人男性で2.1g、女性で1.8gが目安となります。この推奨量異常を食べることで吐き気や下痢、鼻血などの症状を発症する恐れがあります。

 

まとめ

 

dhaは、青魚系から摂取できる血行や自律神経や脳に良い成分です。これらに良い効果があるということは、頭皮にも良い効果が望めます。特に血行や自律神経は薄毛と大きな関係があります。

 

dhaは、epaと一緒に摂取することが望ましいのですが、それぞれの魚には両者が含まれていることがほとんどです。気をつけたいのがサプリメントからの摂取です。サプリメントですと単体で売られている場合もありますので、その場合はdhaとepaの両者を購入するようにすると良いでしょう。

 

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking