コーヒーの飲み過ぎは薄毛に良くない?薄毛とハゲとコーヒーの関係

コーヒーは薄毛に良くないの?

 

コーヒーが薄毛に与える影響

 

薄毛にコーヒーは良くないの?という疑問がありますが、これは飲み過ぎなければ大丈夫です。
実は、コーヒーには育毛効果のあるものと、薄毛をひどくしてしまう効果の両方があります。
コーヒーを飲むことで得られる、メリットとデメリットを比較してみますので参考にしてください。

 

 

コーヒーのメリット

 

コーヒーにはカフェイン、クロロゲン酸、タンニン、ポリフェノール、ニコチン酸、トリゴネリンなどの薬理作用のある成分が含まれます。
特に、カフェインはみなさんもご存知のうように眠気覚ましに良い成分です。
朝の眠気を覚まして、自律神経に働きかける作用があります。さらにカフェインには肝機能を良い状態に保つという研究結果の報告もあります。
肝臓機能が向上すれば、血液の不純物の排除に効果的なので、良い血液が髪の毛の栄養となり成長を促進してくれます。
また、コーヒーにはポリフェノールが含まれるため肌の代謝を良くしてくれ頭皮環境を整えてくれます。

 

 

コーヒーのデメリット

 

コーヒーの中には髪の毛に良くない成分も含まれます。特にタンニンという成分が髪の毛に影響を与えます。
タンニンは髪の毛のたんぱく質変換に影響する亜鉛の吸収を阻止してしまいます。
また、鉄分の吸収も阻害してしまうため、頭皮や髪の毛の主成分であるケラチンタンパク質の生成や栄養素となる血液の質を悪くしてしまう恐れがあります。

 

さらに、寝不足気味の体にカフェインを取り入れることで、眠気を強制的に覚ましてしまい、寝不足を加速してしまいます。
寝不足は自律神経を乱すため、薄毛をひどくしてしまうことが考えられます。

 

 

コーヒーを飲むときに気をつけたいこと

 

コーヒーを飲むときに気をつけたいことは、コーヒーを飲む量です。コーヒーに含まれるカフェインの最大摂取量は1日にコーヒーカップ33杯が致死量だとされています。この量に近いもしくは超えてしまうとカフェイン中毒になる恐れがあります。

 

次に気をつけたいことが缶コーヒーなどに含まれる糖分や脂質です。缶コーヒーにかぎらずですが、砂糖やミルクを入れると血糖値が上がったり、コレステロールが増えてしまい頭皮に悪影響を与えます。

 

コーヒーを飲むならば適量をブラックで飲むことをおすすめします。

 

まとめ

 

このようにコーヒーが一概に薄毛に悪いというわけではありません。メリット・デメリットがあるため毎日飲む量を決めるなどして、コーヒーを楽しむことをおすすめします。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking