Lリジンが育毛に良い!?薄毛改善効果と副作用について

Lリジンの薄毛改善効果と副作用

Lリジンが薄毛に効果

 

Lリジンは、イギリスにあるバイオサイエンティフィック社が性別を問わず薄毛治療に効果的であることを証明し、米国で特許をとっています。

 

Lリジンは、髪の毛の主成分であるタンパク質の組み立てに必要な栄養素です。

 

薄毛の原因の一つに、ケラチンタンパク質不足があります。その兆候として髪の毛が痩せて細くなっていたり、ダメージしていたりするのならば、ケラチンタンパク質不足、つまり髪の毛の栄養が足りていないということです。

 

その原因に、ケラチンタンパク質の原料となるタンパク質、Lリジン不足があります。

 

そのLリジンは、どのような働きや髪の毛への効果があるのかを解説していきます。

 

Lリジンとは

 

Lリジンとは、必須アミノ酸の一つで、タンパク質の合成に使われる重要な栄養素です。元は牛乳に含まれているのから発見され、体の組織の修復や成長に大きく関わります。

 

リジンは、基本的に食物から摂取できるので、普通の食生活を送っていれば極端に不足するということはありません。

 

リジンが含まれている主な食物は、動物性の食物。肉類や魚介類、牛乳などの乳製品などから摂れる栄養素です。

 

反対に、植物性食物にはほとんどリジンが入っていないため、動物性の食物を積極的に取っていく必要があります。

 

ただし、マメ科の大豆製品にはリジンが含まれます。

 

リジンが多く含まれる食物のベスト5 (100mg中)

 

1位 鰹節  6600mg

 

2位 大豆  5500mg

 

3位 豚ゼラチン 360mg

 

4位 湯葉   3600mg

 

5位 しらす  3500mg

 

 

Lリジンの特徴

 

Lリジンの特徴や効果としてリジンは、タンパク質を合成し、体内での細胞や細菌、ウィルスなどの侵入を防ぎ、成長と免疫力の向上に効果があります。

 

直接頭皮への効果というと、髪の毛はLリジンによって細胞分裂による成長を促し、頭皮の免疫力を高め環境を整えてくれる効果があります。

 

また、関節的に薄毛に効果あるものは、細胞を作り出す効果で疲労回復による血行促進、新陳代謝の向上。

 

肝機能の向上で、血中の脂肪酸の分解による血液の改善などがあります。

 

 

Lリジンの副作用

 

Lリジンを過剰に摂取してしまうことで、副作用を発症します。

 

過剰摂取の場合、疲労、集中力の低下、めまい、吐き気、貧血などの症状が現れます。

 

Lリジンは適量を守り服用するようにしましょう。

 

一日の最大摂取量は、体重50kgで1500mgが適量となります。ただし、サプリメントなどから摂る方は、食物からもリジンをとっていることになるので、過剰摂取に気をつけてください。

 

まとめ

 

Lリジンは、世界的に認められた薄毛に効果のある成分です。現代人はリジン不足と言うのはほとんどありませんが、食事の偏り、ストレスなどでリジンが不足してしまうこともあります。

 

また、Lリジンが薄毛に効果的なのは立証済みですが、あくまでサプリメントです。つまり併用して育毛剤を使うことで、さらなる効果が期待できるのです。

 

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking