イソフラボンの薄毛対策効果|カプサイソシンとの同時摂取が効果的?

イソフラボンとは-薄毛への効果は?

 

イソフラボンは薄毛に効果的

 

大豆などの植物に多く含まれるイソフラボンは、薄毛に効果があるということがいわれています。

 

大豆などの成分がどのように薄毛改善に効果的なのか?とても気になるところです。それではイソフラボンの薄毛にどのようによいのかということを説明していきたいと思います。

 

効果的な薄毛改善をしたいという方は読み進めてください。

 

 

イソフラボンの効果

 

イソフラボンは、マメ科の植物に豊富に含まれる植物性ポリフェノールの中の一種ということになります。
おもに大豆の胚芽に含まれるフラボノイドの一種でダイゼイン、ゲニステイン、グリシテインなどの総称のことを言います。

 

イソフラボンの効果としては、まずはじめに女性ホルモンのエストロゲンによく似た科学的構造だということがわかっています。

 

そのため、女性ホルモンのエストロゲンと似た効果が期待できるのですが、その作用はエストロゲンの10001以下にとどまるものです。

 

そして、イソフラボンには抗酸化作用がり頭皮の酸化作用を抑え、肌代謝を促進し頭皮の老化を防ぎます。また、女性ホルモンのエストロゲンと似た効果があり、この効果が男性型脱毛症の原因である悪玉男性ホルモンの抑制によいとされています。

 

女性ホルモン作用の10001以下の作用ですから、男性の女性化などの心配はありません。

 

また、女性の薄毛にも効果があります。女性ホルモンエストロゲンと似た効果がありますから、女性ホルモンのエストロゲンの減少でおきてしまうびまん性脱毛症などの育毛にも最適です。

 

イソフラボンのその他の効果として、悪玉コレステロールを減らし血行を促進したり、更年期障害の緩和、骨の強化などの効果が期待できます。

 

イソフラボンの含まれている食品

 

豆腐、納豆、豆乳、油揚げ、味噌、醤油などからイソフラボンは摂取できます。

 

そして、イソフラボンの摂取目安が一日あたり平均30mgがよいとされており、厚生労働省からは上限の目安で75mgの摂取量が推奨されています。

 

ちなみに目安として食品に含まれるイソフラボンの量は、木綿豆腐一丁で84mg、絹ごし豆腐一丁で76mg、納豆1パックで72mgとなっています。食品からイソフラボンは上限の75mgはあっさり取れてしまうものなのです。

 

 

まとめ

 

このようにイソフラボンが男性の薄毛にも女性の薄毛にも効果的だということがわかったと思います。一日の摂取量を目安に毎日摂ることで薄毛改善に効果が出るでしょう。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking