フィナステリドとは-男性型脱毛症(AGA)内服薬の効果と副作用

フィナステリドとは-薄毛への効果は?

 

フィナステリドとは

 

男性型脱毛症の原因である、男性ホルモンを抑える効果のあるお薬は、現在の日本ではプロペシアがもっとも有力とされています。

 

このプロペシアには、フィナステリドという成分が主成分として使われています。しかし、フィナステリドには男性ホルモンの抑制効果以外にもがあるということが言われています。

 

フィナステリド成分を含むプロペシアを安全に使用するためには、プロペシアの特徴を知っておかなければいけません。

 

今、男性型脱毛症による薄毛に悩んでいる方はぜひプロペシアの主成分であるフィナステリドについて知っていてください。

 

 

フィナステリドを使用している薬剤名と効果

 

フィナステリドを主成分とする育毛剤が認可されているのは、日本ではプロペシアのみとなっています。

 

このプロペシアに含まれるフィナステリドは、男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素の融合を阻止する効果があります。

 

厳密に言えば、5アルファリダクターゼU型を抑制する効果です。
フィナステリドで5αリダクターゼU型とテストステロンの酵素変換を抑制することで薄毛の発症を抑えます。

 

フィナステリドとは

 

もともとフィナステリドは、男性の前立腺肥大症の治療薬として使われていました。しかし、前立腺肥大症の治療の過程で男性の薄毛が改善したことをきっかけに、再度育毛分野で開発されたお薬がプロペシアです。

 

5αリダクターゼU型は頭頂部や前頭部、前立腺といった限られた部分に存在しテストステロンと融合することでさまざまな症状を発症します。

 

それを抑えるのがフィナステリド成分というわけです。

 

フィナステリドの副作用

 

フィナステリド成分には副作用が懸念されています。性欲の減退、動悸、女性化、などの症状が少なからずとも発生してしまう恐れがあります。

 

その症状は命を危険にさらすものではないのですが、5αリダクターゼU型にしか反応しないはずなのに性欲や女性化など5αリダクターゼT型まで作用してしまっていることがあります。

 

ですから、フィナステリドの乱用は決してしないようにしましょう。
また、フィナステリドは妊娠前の女性や妊娠中の女性、男児には禁忌とされています。それは男児の生殖機能の異常をきたす恐れがあるからです。

 

フィナステリドは服用はもちろん触ることでも体内に吸収されるため管理にも十分な注意が必要です。

 

まとめ

 

フィナステリドを服用できる量は、成人男性で一日1mgまでです。それ以上は、国が認めてませんし医者も認めません。フィナステリドは育毛効果も高いですが、使用の仕方や保存には十分に注意しましょう。

今すぐにできる注目薄毛対策

『すぐに薄毛対策がしたい!』という方にはチャップアップがおすすめです。

数ある育毛剤の中でも、ダントツで良質な成分を配合し作られていて薄毛対策に期待ができます!

また、完全返金保証もついているので、万が一効果が実感できなかった時も安心です!
usugetasisaku

 


正しい薄毛対策をすることで、髪の毛の悩みは防ぐことができます!

20代の後半から薄毛に悩まされてきた私も、正しい薄毛対策をする事で、38才になった今でも、髪の毛はフサフサのままで過ごす事が出来ています。

そんな私の経験を踏まえて、本当に価値のある薄毛対策方法をまとめています!

参考にしてみてください!
ranking